「Ubuntu 21.04」を「VMware Fusion 12」にインストール

CanonicalによるLinuxディストリビューション「Ubuntu 21.04(開発コードネーム「Hirsute Hippo」)」が、英国時間2021年4月22日付にてGAリリースを迎え、現在Ubuntu Foundationによる公式ダウンロードページを通じて、x86-64(AMD64)、ARM64(for Raspberry Pi)を対象としたインストールイメージが入手可能となっています。今回は、同オペレーティングシステムのx86-64版を macOS(Mac OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion 12」にゲストOSとしてインストールしてみましたので、そのプロセス等を簡単に纏めてみたいと思います。

「VMware Fusion 12.1.2」リリース

VMware, Inc.より米国時間2021年5月16日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップデートリリースに相当する「VMware Fusion 12.1.2 Pro Build 17964953」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「VMware Fusion」>「Check for Updates…(更新の確認…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリーパッケージが入手可能となっています(dmg 約652.44MB)。

VMware Fusion、Apple Silicon(Apple M1) 対応に向けてTech Previewを公開へ

VMware, Inc.より米国時間2021年4月27日、VMware Fusion Blog(公式ブログ)を通じて、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」「VMware Fusion Player」の Apple Silicon(Apple M1)に対する対応予定、機能概要、進捗状況等がアナウンスされています。

「VMware Fusion 12.1.1」リリース

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2021年4月1日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップデートリリースに相当する「VMware Fusion 12.1.1 Pro Build 17801503」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「VMware Fusion」>「Check for Updates…(更新の確認…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約623.36MB)。

「VMware Fusion 12」のSide Channel Mitigations(サイドチャネルの緩和)

macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」を対象としたアップグレードリリースとして、米国時間2020年9月15日付にてGAリリースを迎えている「VMware Fusion 12」ですが、同版では 仮想化ベースのセキュリティ機能の一つとして、サイドチャネル攻撃の緩和を制御する事が可能となっています。

「Lubuntu 20.10」を「VMware Fusion 12」にインストール

CanonicalによるLinuxディストリビューション「Ubuntu 20.10(開発コードネーム「Groovy Gorilla」)」が、英国時間2020年10月22日付にてGAリリースを迎え、現在Ubuntu Foundationによる公式ダウンロードページを通じて、x86-64(AMD64)を対象としたisoイメージが入手可能となっています。今回は、同オペレーティングシステムの公式フレーバーの一つ「Lubuntu 20.10」を macOS(Mac OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion 12」にゲストOSとしてインストールしてみましたので、そのプロセス等を簡単に纏めてみたいと思います。

「Linux Mint 20.1」を「VMware Fusion 12」にインストール

愛Linux Mint teamによるLinuxディストリビューション「Linux Mint 20.1(開発コードネーム「Ulyssa」)」が、現地時間2021年1月8日付にてGAリリースを迎えました。Linux Mintは、アーキテクチャ、デスクトップ環境別に6種のエディションが提供されていますが、今回は、同オペレーティングシステムのCinnamonエディションを macOS(Mac OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion 12」にゲストOSとしてインストールしてみましたので、そのプロセス等を簡単に纏めてみたいと思います。

「VMware Fusion 11.5.7」リリース、macOSゲストとの互換性を改善

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2020年11月19日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップデートリリースに相当する「VMware Fusion 11.5.7 Build 17130923」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「VMware Fusion」>「Check for Updates…(更新の確認…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約601.68MB)。

「VMware Fusion 12.1.0」リリース、「Ubuntu 20.10」をサポート

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2020年11月19日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップデートリリースに相当する「VMware Fusion 12.1.0 Pro Build 17195230」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「VMware Fusion」>「Check for Updates…(更新の確認…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約623.36MB)。

「VMware Fusion 12(12.0.0)」リリース、「macOS Big Sur」をサポート

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2020年9月15日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップグレードリリースに相当する「VMware Fusion 12.0.0 Pro Build 16880131(GA版)」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約641.67MB。Ver. 10以降からは、アップデートライセンスにて更新可能となっています)。