「VMware Fusion 12.2.0」リリース、仮想TPMチップを試験的に実装

「macOS Big Sur(macOS 11、ホストOS)」との互換性を改善した他、「Windows 11(ゲストOS)」の動作要件を満たすために、新たにVirtual TPMチップを試験的に追加可能とした「VMware Fusion 12.2.0」がリリースされました。変更点の概要を翻訳して纏めた他、システム要件の変更にも言及しています。

スポンサーリンク


「Parallels Desktop 17.1.0」リリース、仮想TPMチップを追加

「Windows 11(ゲストOS)」の動作要件を満たすために、新たにVirtual TPMチップを追加した他、Linux(ゲストOS)においてWaylandプロトコルにも対応した「Parallels Desktop 17.1.0」がリリースされました。変更点の概要やシステム要件等を纏めています。

「VMware Fusion Tech Preview 21H1」リリース、Apple Siliconに対応

VMware, Inc.より米国時間2021年9月22日、開発過程にある 次世代デスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion Tech Preview(for macOS)」の最新プレビュー版(パブリックベータ「Fusion 2021 TP(September)」)に相当する「VMware Fusion Tech Preview 21H1 Build 18656771(e.x.p. 18656771 Sep)」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリーパッケージが入手可能となっています(当版は、現時点では開発過程にあるプレビュー版に相当します。何れの機能も正式なサポートを受ける事はできませんので、試用する場合には御注意下さい。バージョン表記は、現時点では暫定的に付されているものです。今後の開発過程において、正式なバージョン番号が付与されます)。

「UTM Virtual Machine‪s 2.2.4」リリース、ブリッジネットワークをサポート

UTMより現地時間2021年9月10日、macOSベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア(エミュレーター)「UTM Virtual Machine‪s」のアップデートリリースに相当する「UTM Virtual Machine‪s 2.2.4(UTM Virtual Machine‪s 2 Update 2 Hotfix 4)」がリリースされ、現在プロジェクトサイト、及びApp Storeを通じて、英語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリーパッケージ、ソースコードが入手可能となっています(バイナリーとソースコードには、ライセンスとして「Apache License 2.0」が適用されています。App Store版は有料となります)。

GUID Partition Table(ジーユーアイディーパーティションテーブル)

米Intel Corporationによって開発が行われ、2019年3月にリリースされた「UEFI Specification Version 2.8」のチャプター5にて指定されているパーティション形式(パーティションスキーム、パーティションタイプ)。macOS、Windows、Linux、Solaris、FreeBSD等、多種のオペレーティングシステムの基盤を支えるベーステクノロジーの一つ。

「Parallels Desktop 17.0.1」リリース、「Windows 11」との互換性を改善

Parallels International GmbHより米国時間2021年9月7日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop 17 for Mac 17.0.1 Build 51482(Parallels Desktop 17 Update 0 Hotfix 1)」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「Parallels Desktop」>「Check for Updates…(更新をチェック…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約309.31MB)。

「Parallels Desktop for Mac App Store Edition 1.7(1.7.0)」リリース、Apple M1をサポート

Corel CorporationグループのParallels International GmbHより米国時間2020年8月25日、macOSベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac App Store Edition」のアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop for Mac App Store Edition 1.7.0 Build 23447」がリリースされ、現在Mac App Storeを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(app 約298.7MB)。

「Parallels Desktop 17(17.0.0)」リリース、「macOS Monterey」に対応

Parallels International GmbHより米国時間2021年8月10日、macOSベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のアップグレードリリースに相当する「Parallels Desktop 17 for Mac 17.0.0 Build 51461(GA版)」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリーパッケージが入手可能となっています(アプリケーションをアクティベートするために、インターネット接続環境が必要となります)。

「Linux Mint 20.2」を「Parallels Desktop 16.5(Intel)」にインストール

愛Linux Mint teamによるLinuxディストリビューション「Linux Mint 20.2(開発コードネーム「Uma」)」が、現地時間2021年7月8日付にてGAリリースを迎えました。Linux Mintは、デスクトップ環境別に3種のエディションが提供されていますが、今回は、同オペレーティングシステムのCinnamonエディションを macOSベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 16.5(Intel)」にゲストOSとしてインストールしてみましたので、そのプロセス等を簡単に纏めてみたいと思います。

「VirtualBox 6.1.24」リリース、「Linux Kernel 5.13」をサポート

Oracle Corporationより米国時間2021年7月20日、マルチプラットフォームに対応した オープンソースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Oracle VM VirtualBox」のアップデートリリースに相当する「Oracle VM VirtualBox 6.1.24 Build 145767(VirtualBox 6.1 Maintenance Release 24)」がリリースされ、現在プロジェクトサイト、及びOracleによる公式ダウンロードページを通じて、macOS、Windows、Linux、Solarisを対象としたバイナリーパッケージ、ソースコード、SDK(Software Development Kit)、PUEL(VirtualBox Personal Use and Evaluation License)に準拠したエクステンションパック(Oracle VM VirtualBox Extension Pack)が入手可能となっています(バイナリーとソースコードには、ライセンスとしてGPLv2(GNU General Public License Version 2)が適用されています)。