「Parallels Desktop for Mac」、仮想マシンの保存場所について

macOSベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」には、開発元から直接ダウンロードする「Business Edition」「Pro Edition」「Standard Edition」の他に、Mac App Storeを通じて入手可能な「Mac App Store Edition」がラインナップされています。

当エントリでは、各エディションによって管理される仮想マシンの保存場所(ロケーション、ディレクトリー)について纏めてみたいと思います。

開発元から入手する「Business Edition」「Pro Edition」「Standard Edition」

Parallelsによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「Parallels Desktop」>「Check for Updates…(更新をチェック…)」)を通じて入手可能な上記の3エディションは、デフォルトにて「/Users/username/Parallels/」フォルダに保存される事となりますが、この設定は 環境設定パネル(「Parallels Desktop」>「Preferences…(環境設定…)」>「General(一般)」>「Virtual machine folder(仮想マシンのフォルダ)」)から任意のロケーションに変更する事が可能となっています。

Parallels仮想マシンの保存場所
↑環境設定パネルにおける、Parallels仮想マシンの保存場所。デフォルトにて「/Users/username/Parallels」フォルダに設定されているが、この値は任意に変更可能

App Storeから入手する「Mac App Store Edition」

AppleによるApp Storeを通じて入手可能な「Parallels Desktop for Mac App Store Edition」は、サンドボックス化されたアプリケーションであるため、デフォルトの状態では 当該アプリケーションからユーザーフォルダーにアクセスする事ができません(「Downloads(ダウンロード)」フォルダーに権限が付与されている場合は、その限りではありません)。

この制限に起因して、「Mac App Store Edition」における自動インストール機能にて作成された仮想マシンは、デフォルトにて「/Users/username/Library/Group Containers/4С6364ACTX.com.parallels.desktop.appstore/Shared/Parallels/」フォルダーに保存される事となります。

尚、上記のフォルダーにアクセスするためには、Finderがアクティブな状態で「Go(移動)」>「Go to Folder…(フォルダへ移動…)」を選択し、表示されたブランクのフィールドに以下のパスを入力し、「Go(移動)」をクリックします。

/Users/<username>/Library/Group Containers/4C6364ACTX.com.parallels.desktop.appstore/Shared/Parallels/

Finderウインドウにおいて、Parallels仮想マシン(.pvm)を内包するディレクトリーが開きます。

フリーシステム(Free Systems(無料システム))からダウンロードした仮想マシン

フリーシステムカテゴリー(「Installation Assistant(インストールアシスタント)」>「Free Systems(無料システム)」セクション)からダウンロードした仮想マシンは、デフォルトにて「/Users/username/Downloads(ダウンロード)/」フォルダーに保存される事となります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA