HFSX(エイチエフエスエックス)

投稿者 | 2020年3月27日

ファイル名における英大文字/小文字を別の文字として認識可能な「case-sensitive」に対応

米Appleより開発、提供等が行われていた、32bitファイルシステム テクノロジ。macOS(Mac OS X)を対象プラットフォームとし、「Hierarchical File System eXtended」の略称で「Mac OS拡張フォーマット(大文字/小文字を区別)」とも称されている。

米国時間1998年1月19日付にてリリースされた「Mac OS 8.1 Bride of Buster」から「macOS Sierra 10.12.6」においてシステム標準のファイルシステムと採用された「HFS Plus」の拡張版として、「Mac OS X Server 10.3 Panther」以降においてサポートされていた。「HFS Plus」と同様に、米国時間2017年9月26日付にて「APFS(Apple File System)」がリリースされた事に伴い、一部のmacOSの土台を支え続けてきた 約14年に渡る役目を終えている。

HFS Plusと比較した場合の大きな相違として、ファイル名における英大文字/小文字の取り扱いが挙げられる。

HFS Plusが英大文字/小文字の違いを識別しつつ、ファイルシステムにおいては それらの違いを吸収し、同一の文字として扱う仕様(case-insensitive)となっているのに対して、HFSXでは ファイル名における英大文字/小文字を別の文字として認識させる仕様(case-sensitive)を採用している。

HFSXでのFinder表示
↑HFSX適用時(イメージファイル)におけるFinderウインドウの表示。英大文字/小文字を別の文字として認識するため、「MacOSX」と「macosx」という名称のフォルダを 同一の階層に配置する事ができる

適用方法と互換性

米国時間2003年10月24日付にてリリースされた「Mac OS X Server 10.3 Panther」、米国時間2005年4月29日付にてリリースされた「Mac OS X 10.4 Tiger」以降では、「Disk Utility(ディスクユーティリティ、/Applications/Utilities/Disk Utility.app)」のオプション(Mac OS Extended (Case-sensitive, Journaled)、Mac OS 拡張(大文字と小文字を区別/ジャーナリング))を通じたGUI環境による設定が可能となっている。

クライアント版の「Mac OS X 10.3 Panther」では、「Terminal(ターミナル、/Applications/Utilities/Terminal.app)」におけるコマンドラインユーティリティーを使用する事により、HFSXに対応したボリュームを作成する事が可能となっていた(この場合には、事前にボリュームの初期化が必要とされていた)。

尚、HFSXは機能性の実現に際して、一部の互換性を破棄しており、Classic Mac OSからは HFSXでフォーマットされたボリュームを認識する事ができなくなっていた。また、UFS(UNIX File System)程ではないものの、一部のアプリケーション(Adobe CS(Adobe Creative Suite)等)や周辺機器のドライバ等との互換性にも問題が生じていた(最終更新日 2020年3月27日)。