iWork(アイワーク)

投稿者: | 2019-09-07

初版作成日 2019年9月7日
最終更新日 2019年9月7日

Appleによる純正のオフィススイート

米Appleより開発、提供等が行われている、プロプライエタリなデスクトップ オフィススイート(プロダクティビティ ソフトウェアスイート)。macOS(Mac OS X)を対象プラットフォームとし、米国時間2003年1月7日付にてリリースされたプレゼンテーションソフトウェア「Keynote」に、同2005年1月12日付にてリリースされたワードプロセッサ(ページレイアウトアプリケーション)「Pages」が加わった段階で「iWork」とブランディングされる。その後、米国時間2007年8月7日に開催されたスペシャルイベントを通じて発表された「iWork ’08」より、スプレッドシート(表計算)アプリケーション「Numbers(ナンバーズ)」が追加された。

「AppleWorks」後継にして「Microsoft Office」対抗と位置付けられ、豊富なテンプレートやインタラクティブな操作性、Appleアプリケーションとのシームレスな連携等を特徴としている。初期の頃は、iLifeと同様に 毎年年初の「Macworld Conference & Expo」にて、西暦の下2桁を付与した新版が発表されていた(「iWork ’07」はスキップされ、2007年8月に「iWork ’08」としてリリース)。2006年初頭には、米国小売店市場におけるオフィススイート販売本数において、Microsoft Officeに次ぐ2位にランキングされた。

イニシャルリリース〜「iWork ’09」リリース(米国時間2009年1月6日)頃までは パッケージ版が販売されていた他、Macにバンドルされていた30日間のトライアル版は、試用期間の終了後も 読み込み専用の「iWork Player」として利用可能となっていた。

米国時間2013年10月22日以降は、新規に購入されたMac、iOSデバイスに対して、機能制限の無い完全版がプリインストールされ、現在では3種のアプリケーションが単独にて提供されている(「iWork」というブランド名は、現在でもAppleの公式サイトにて使用されている)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA