「Parallels Access 6.2.0」リリース、Apple M1 Macで実行可能に

投稿者 | 2021年2月21日

Parallels International GmbHより米国時間2021年2月15日、macOS/iOS/Androidベースのリモートクライアント「Parallels Access」のアップデートリリースに相当する「Parallels Access 6.2.0 Build 38422」がリリースされ、現在Mac App Storeを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(app 約106.0MB。Parallels Access Agentは、Parallelsによる公式ダウンロードページから入手可能となっています)。

Mac App Storeからインストールして実行可能に

Ver. 6を対象としたアップデートリリースとして位置付けられている当版では、機能の追加、全般的な安定性改善、パフォーマンス改善、バグフィックス等が行われており、前版(「6.1.0」)からの主な変更点として、以下の項目等が示されています。

  • 「WWDC 2020(Worldwide Developers Conference 2020)」において発表された ARMベースのSoC(System on a Chip)「Apple Silicon」に対応。Apple M1 Mac(macOS for Apple M1 chip)にインストールして実行可能に
  • Apple M1 Macにおいて、簡単、且つ便利に使用するために、多数の最適化を適用
  • 発生し得た幾つかのクラッシュを修正した他、バグフィックス、及び安定性の改善を適用

当版におけるシステム要件は、「macOS Big Sur 11(Apple M1プロセッサー)」「iOS 11」「Android 5.0」以降、「Fire OS 3.0」以降となっています。各ゲストOSにインストールする「Parallels Access Agent」は、「macOS High Sierra 10.13」以降、「Windows 10」にインストール可能となっています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA