「VMware Fusion 8.5(8.5.0)」リリース、「macOS Sierra」をサポート

投稿者: | 2016-09-17

ネイティブタブやSiriに対応し、「Windows 10 Anniversary Update」もサポート

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2016年9月13日、Mac OS Xベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップデートリリースに相当する「VMware Fusion 8.5.0 Build 4352717(GA版)」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約368MB。Ver. 8.xユーザは無償にてアップデート可能となっています)。

米国時間2016年6月17日よりテストリリース(プライベートベータ「Fusion 2016 TP」)が開始されていた当版では、一連のテストリリース(「June Technology Preview 1 Build 4284851」~「July Technology Preview 2 Build 4313277」)を通じた主な特徴として、以下の項目等が示されています(「8.1.1 Build 3771013」からの主な変更点となります)。

  • サポート対象オペレーティングシステムの追加。Microsoftによるデスクトップオペレーティングシステム「Windows 10 Anniversary Update」をゲストOSとしてサポート。「New Virtual Machine Assistant(新規仮想マシンアシスタント)」において、同オペレーティングシステムのISOファイルを正確に認識し、自動インストール機能「Windows Easy Install(Windows簡易インストール)」オプション、「Unity」モード等の諸機能を利用可能
  • Appleによる次世代デスクトップオペレーティングシステム「macOS Sierra 10.12」をホストOS、ゲストOSとして試験的にサポート
  • ユーザエクスペリエンス関連の改善。「macOS Sierra」が各アプリケーションに提供するタブインターフェイスに対応。仮想マシン(vmwarevm)のコンソールウインドウにおいて、macOSネイティブタブを利用可能に(「Window(ウインドウ)」>「Merge All Windows(全てのウインドウを統合)」)
  • 「macOS Sierra」におけるパーソナルアシスタント「Siri」に対応。各種ゲストOSアプリケーション等を「Siri」を通じて制御可能に(「Open! Microsoft Edge」等)
  • Microsoftによる次世代サーバオペレーティングシステム「Windows Server 2016」をゲストOSとして試験的にサポート
  • 3Dグラフィックスを含むグラフィックス関連の改善。各種プラットフォーム、及びアプリケーションを対象として、グラフィックスのレンダリングにおける正確性を改善、及びグラフィックスドライバのチューニング(Windowsビデオドライバをアップデート)
  • グラフィックスにおけるデスクトップエクスペリエンスを向上(パフォーマンスの改善等)
  • Windows(ゲストOS)におけるOfficeアプリケーションが、macOS、OS X(ホストOS)における「Mail」アプリケーションにおける添付ファイルを開く事ができないケースが確認されていた問題(エラーメッセージ「Access Denied」が返されていた)を修正。この問題は、当該ゲストOSにおける「Settings(設定)」>「Default Applications(デフォルトアプリケーション)」>「Open your Mac files and web links using Windows applications(Windowsアプリケーションを使用して Macのファイルおよびwebリンクを開く)」オプションが有効化されている場合にも発生していた
  • 「Parallels Desktop 11 for Mac」からインポートされた仮想マシンを起動した場合に、当該仮想マシンがクラッシュするケースが確認されていた問題を修正(エラーメッセージ「Inaccessible Boot Device.」が返されていた)
  • スクリーンのエッジ部にフルスクリーンミニバー(フルスクリーンタイトルバー)が隠れている場合に、当該部にカーソルをホバーしてもフルスクリーンミニバーが表示されなかった問題を修正。この問題はフルスクリーンモード利用時に発生し、「View(表示)」>「Full Screen Minibar(フルスクリーンミニバー)」>「Automatically Hide And Show(自動的に表示、非表示)」が有効化されている場合にも発生していた
  • 接続した「VMware vCenter Server 5.5」においてダイレクトにリモート仮想マシンを作成し、vCenter Serverインスタンスによって管理されている「VMware ESXi 5.5」ホストに当該仮想マシンの保存を試みた場合に、「VMware Fusion」がクラッシュするケースが確認されていた問題を修正
  • 「Ubuntu 15.10(Wily Werewolf、ゲストOS)」以降の版において、オープンソースのゲストOS拡張機能「open-vm-tools」を「VMware Fusion.app」にバンドルされている版の「VMware Tools」に置き換えた場合に、同ツールのサービスの一部が適切に機能しない(停止する)ケースが確認されていた問題を修正。この問題は、システムのリブート後にUbuntuのクラッシュレポートに報告されていた
  • ホストOS、ゲストOS(Mac OS X)間において、ファイルのドラッグアンドドロップ オペレーションが適切に機能しないケースが確認されていた問題を修正
  • 一部特定のシステム構成において、ハングアップ、仮想マシンのフリーズが生じるケースが確認されていた問題を修正
  • セキュリティ関連の修正を適用
  • 一部のデバイスを対象として、USB関連の互換性を改善
  • 全般的な安定性やパフォーマンス、及びアプリケーション互換性を改善
  • And many others…

当バージョンには、通常版の他にProfessional版が用意されており、Professional版には通常版におけるフル機能の他に、以下の機能が含まれています(両版は同一のバイナリを使用しますが、入力するシリアルによって各々が区別される事となります)。

  • リンククローンの作成機能
  • 仮想ネットワークエディタ(ネットワーク構成ツール)
  • 「IPv6(Internet Protocol Version 6)」におけるNAT(Network Address Translation)のサポート
  • プライベートクラウドプラットフォーム「VMware vSphere」、パブリッククラウドプラットフォーム「VMware vCloud Air」、サーバ仮想化ソフトウェア「VMware ESXi」、デスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Workstation Pro」にホストされている仮想マシンに対するアクセス
  • 「VMware vSphere」「VMware ESXi」「VMware Workstation Pro」に対する仮想マシンのアップロード、ダウンロード、及び「VMware vCloud Air」に対する仮想マシンのアップロード
  • 複数のESXiホストに向けたリソースチャートの更新
  • 仮想マシンフォーマットにおける標準規格「OVF(Open Virtualization Format)」アプライアンスへのエクスポート
  • 仮想マシン毎にホットキーを作成可能
  • 仮想マシンの作成や設定メニューに対する制限機能(制限付き仮想マシン、期限付き仮想マシンの作成、実行機能)
  • Windows(ゲストOS)に接続されたUSBデバイスに対する接続制限機能
  • 管理環境に向けた、シングル仮想マシンモード
  • カスタマイズ可能なヘルプ
  • VMwareベーシックサポート、VMwareプロダクションサポートを利用する権利
  • ボリュームプライスの提供

当版では、新規仮想マシン作成時におけるデフォルトの仮想ハードウェアのバージョン(Ver. 12)に、Ver. 8.1からの変更はありません(virtualHW.version = “12”)

当版におけるシステム要件は、64bitプロセッサを搭載したApple製コンピュータ、ホストOSは「OS X Mavericks(OS X 10.9)」以降(「macOS Sierra 10.12」を含む)となっています。Ver. 7.0にてサポートされていた「OS X Mountain Lion(OS X 10.8.5)」は対象外となりますので御注意下さい(ゲストOSとしてのOS X(macOS)のサポートも「10.9」〜「10.12」となります)。また、既知の問題点を含むその他の詳細が、リリースノート、及びVMware Communities等を通じて確認可能となっています。