「Parallels Desktop 12 for Mac 12.1.0」リリース、タブ表示に対応 etc…

投稿者: | 2016-11-21

「macOS Sierra」のネイティブタブに対応

Parallels International GmbHより米国時間2016年11月11日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop 12 for Mac 12.1.0 Build 41489」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約255MB)。

Ver. 12を対象としたアップデートリリースとして位置付けられている当版では、機能の追加、全般的な安定性改善、パフォーマンス改善、及びバグフィックス等が行われており、前版(「12.0.2 Build 41353」)からの主な変更点として、以下の項目等が示されています。

  • 「macOS Sierra」が各アプリケーションに提供するタブインターフェイスに対応。仮想マシン(.pvm)のコンソールウインドウにおいて、macOSネイティブタブを利用可能に(「Window(ウインドウ)」>「Merge All Windows(全てのウインドウを統合)」)
  • マルチディスプレイ環境においてフルスクリーンモードを利用可能に
  • ビルトインのタッチパッド(MacBook)、外付けマウス、或いはペンデバイスを使用して、「Windows 10(ゲストOS)」で動作する「Microsoft Office 2016」アプリケーション(「Excel 2016」「PowerPoint 2016」「Word 2016」)に対して、描画、注釈付け等が可能に
  • Parallels仮想マシンによって消費されるストレージ容量を表示可能とする、「macOS Sierra」ストレージマネージャに向けた「Parallels VMs」プラグインを追加。「Free Up Disk Space」ウィザードを使用する事によって、数回のクリックにて、仮想マシンによって消費されるディスクスペースを最適化可能に
  • デュアルブート インストレーションメディア(USB ThumbDrive(USBサムドライブ)等)を使用した「Windows 10(ゲスト)」のインストールが、失敗するケースが確認されていた問題を修正
  • 「prl_naptd」のCPU使用率が、100%となるケースが確認されていた問題を修正
  • 「Coherence(コヒーレンス)」モード利用時における Windowsアプリケーション(ゲストOS)のウインドウが、macOS(ホストOS)のメニューバーによってオーバーラップされていた問題を修正
  • Windows(ゲストOS)のみを表示する外部ディスプレイを使用した場合に、「Best for external displays」オプションが有効化されたWindows仮想マシンの解像度が適切に表示されなかった問題を修正
  • 「macOS Sierra 10.12(ホストOS)」で動作する仮想マシンにおいて、マウスカーソルの動きに遅延が生じるケースが確認されていた問題を修正
  • 仮想マシンにおいて、「control」+マウスクリック(或いはタップ)のイベントを送った場合に、コンテキストメニュー(右クリックメニュー)が開かないケースが確認されていた問題を修正
  • インストールアプリケーション(.appイメージ)を使用して、ゲストOSとして「macOS Sierra」をインストールする場合に発生し得た問題を修正
  • 一部のLinuxディストリビューションにおいて ゲストOS拡張機能「Parallels Tools for Linux」の自動更新を試みた場合に、アップデートに失敗するケースが確認されていた問題を修正
  • 仮想マシンをサスペンド状態からレジュームした場合に、レジュームプロセスを停止できなかった問題を修正
  • 「Windows 10(ゲストOS)」の一部のビルドにおいて、「Web Pages: Open in Mac(WebページをMacで開く)」機能が適切に機能しないケースが確認されていた問題を修正
  • 仮想マシンに対して暗号化された仮想ディスクが接続されている場合に、パスワードを承認する事ができないケースが確認されていた問題を修正
  • アーカイブされた仮想マシンに対する名称変更が、Finderにおいて正しく反映されなかった問題を修正
  • 「Coherence(コヒーレンス)」モード利用時に、Windows(ゲストOS)アプリケーションのウインドウが、全面に表示されないケースが確認されていた問題を修正
  • 仮想マシンに起動時に、ブラックスクリーン表示となるケースが確認されていた問題を修正
  • 「Solaris 11(ゲストOS)」のインストール後に、クリティカルなエラーが発生するケースが確認されていた問題を修正
  • 「RHEL(Red Hat Enterprise Linux、ゲストOS)」に対してゲストOS拡張機能「Parallels Tools」をインストールした後に、当該仮想マシンの起動時に ハングアップするケースが確認されていた問題を修正
  • Windows(ゲストOS)において、ゲームアプリケーション「World of Warships」を動作させた場合に生じ得た、アーマーのグラフィックスアーチファクトを修正
  • Fitbitのドングルが接続されているか、或いはソフトウェアがインストールされている場合に、仮想マシンを起動する事ができないケースが確認されていた問題を修正
  • Linux(ゲストOS)において、タッチパッドを使用したスクロールのスピードが遅くなっていた問題を修正
  • 対応するJISキーボードを使用しているWindows(ゲストOS)において、「英数」「かな」レイアウトを切り替える事ができなかった問題を修正
  • 「Windows XP(ゲストOS)」において、ゲストOS拡張機能「Parallels Tools」をインストールに失敗するケースが確認されていた問題を修正
  • Windows(ゲストOS)に対して、VirtualHere USBデバイスを接続する事ができないケースが確認されていた問題を修正
  • 「macOS Sierra 10.12(ホストOS)」において、「Microsoft Edge」「Microsoft Office PowerPoint」を使用した場合に、グラフィックスアーチファクトが生じるケースが確認されていた問題を修正
  • 「parallels.log」ファイルのサイズが適切に管理されていなかった問題を修正

「Parallels Desktop 12 for Mac Business Edition 12.1.0」における新機能、及び変更点は以下の通りとなります。

  • プライベートなParallelsアカウントを所有している場合においても、追加のアカウント管理者、及びエンドユーザを登録する事が可能な、シームレスなビジネスアカウント
  • エンドユーザからによる不必要なアクションからプロテクトするために、管理者に対して更なるオプションを提供
  • サポートを受けるためのカスタムセットアップに関連した問題を修正

当版におけるシステム要件は、64bitプロセッサを搭載したApple製コンピュータ、ホストOSは「OS X Yosemite(OS X 10.10)」以降(「macOS Sierra 10.12」を含む)となっています。Ver. 11.0にてサポートされていた「OS X Mavericks(OS X 10.9)」は対象外となりますので御注意下さい(ゲストOSとしてのMac OS X(macOS)のサポートは「Server 10.5」〜「10.12」となります)。また、既知の問題点を含むその他の詳細が、リリースノート、及びParallels Forums等を通じて確認可能となっています。

「Parallels Desktop 12 for Mac 12.1.1」について

Ver. 12.1.0に引き続き、米国時間2016年11月17日付にて、全般的な安定改善、パフォーマンス改善等を主目的とした「Parallels Desktop 12 for Mac 12.1.1 Build 41491」がリリースされています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA