「VMware Fusion 11.5」のダークモード

対応ゲストのテーマをホストと同期させて暗くする「Dark Mode Sync(ダークモードシンク)」も

macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」を対象としたアップグレードリリースとして、米国時間2019年9月19日付にてGAリリースを迎えている「VMware Fusion 11.5」ですが、同版では Appleが「macOS Mojave 10.14」より新たに導入したダークモードに対応しています。

「VirtualBox 6.1 Beta 1」リリース、ネスト仮想化の強化

旧スタイルのVBoxVGAを廃止し、VBoxSVGA、VMSVGAに注力

Oracle Corporationより米国時間2019年9月16日、開発過程にある次世代デスクトップ仮想化ソフトウェア「Oracle VM VirtualBox 6.1」の最新プレビュー版に相当する「Oracle VM VirtualBox 6.1.0 Beta 1 Build 133315(VirtualBox 6.1.0 Test Release 1)」がリリースされ、現在コミュニティサイトを通じて、OS X、Windows、Linux、Solarisを対象としたバイナリパッケージ、ソースコード、SDK(Software Development Kit)、及びPUEL(VirtualBox Personal Use and Evaluation License)に準拠したエクステンションパック(Oracle VM VirtualBox Extension Pack)が入手可能となっています(Mac OS X版 dmg 約121.0MB。バイナリとソースコードには、ライセンスとしてGPLv2(GNU General Public License Version 2)が適用されています)。

「VMware Workstation 15.5(15.5.0)」リリース、「Windows 10 19H2」をサポート

仮想ネットワークにおいて、ジャンボフレームをサポート

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2019年9月19日、Windows/Linuxベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Workstation」のアップデートリリースに相当する「VMware Workstation 15.5.0 Pro Build 14665864(GA版)」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページを通じて、Windows、Linuxを対象とした、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(Windows版(.exe)約541.05MB、Linux 64bit版(.bundle)約510.63.0MB。Ver. 15からは、無償にてアップデート可能となっている他、Ver. 12、Ver. 14からは、アップデートライセンスにて更新可能となっています)。

「VMware Fusion 11.5(11.5.0)」リリース、「macOS Catalina」をサポート

ダークモード、ダークモードシンク、Sidecarにも対応

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2019年9月19日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップデートリリースに相当する「VMware Fusion 11.5.0 Build 14634996(GA版)」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約543.4MB。Ver. 11からは、無償にてアップデート可能となっている他、Ver. 8、Ver. 10からは、アップデートライセンスにて更新可能となっています)。

「Parallels Desktop 15」のMetalグラフィックスのサポート

ゲストOSにおける3Dグラフィックスの高速化等に貢献

macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」を対象としたアップグレードリリースとして、米国時間2019年8月12日付にてGAリリースを迎えている「Parallels Desktop 15 for Mac」ですが、同版では ゲストOSにおける3Dグラフィックスのパフォーマンスを向上させるために、AppleによるグラフィックスAPI「Metal 2」を活用する事が可能となっています。

「VirtualBox 6.0.12」リリース

「SLES 12 SP4」に対する互換性改善等

Oracle Corporationより米国時間2019年9月3日、マルチプラットフォームに対応した オープンソースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Oracle VM VirtualBox」のアップデートリリースに相当する「Oracle VM VirtualBox 6.0.12 Build 133076(VirtualBox 6.0 Maintenance Release 12)」がリリースされ、現在コミュニティサイト、及びOracleによる公式ダウンロードページを通じて、macOS、Windows、Linux、Solarisを対象としたバイナリパッケージ、ソースコード、SDK(Software Development Kit)、PUEL(VirtualBox Personal Use and Evaluation License)に準拠したエクステンションパック(Oracle VM VirtualBox Extension Pack)が入手可能となっています(Mac OS X版 dmg 約131.0MB。バイナリとソースコードには、ライセンスとしてGPLv2(GNU General Public License Version 2)が適用されています)。

iWork(アイワーク)

Appleによる純正のオフィススイート

米Appleより開発、提供等が行われている、プロプライエタリなデスクトップ オフィススイート(プロダクティビティ ソフトウェアスイート)。macOS(Mac OS X)を対象プラットフォームとし、米国時間2003年1月7日付にてリリースされたプレゼンテーションソフトウェア「Keynote」に、同2005年1月12日付にてリリースされたワードプロセッサ(ページレイアウトアプリケーション)「Pages」が加わった段階で「iWork」とブランディングされる。その後、米国時間2007年8月7日に開催されたスペシャルイベントを通じて発表された「iWork ’08」より、スプレッドシート(表計算)アプリケーション「Numbers(ナンバーズ)」が追加された。

「Parallels Toolbox 3.6(3.6.0)」リリース

「Capture Area」「Record Area」に向けた機能改善等

Parallels International GmbHより米国時間2019年9月3日、macOS(OS X)ベースのユーティリティパッケージ「Parallels Toolbox for Mac」のアップデートリリースに相当する「Parallels Toolbox 3 for Mac 3.6.0 Build 2591」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(Toolboxメニュー>「Check for Updates…(更新をチェック…)」)を通じてを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約47.7MB)。

「VMware Fusion 11.5」、macOS Catalina、ダークモードをサポート

iPadをサブディスプレイとして利用可能な「Sidecar」にも対応

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2019年8月28日、プライベートカンファレンス「VMworld 2019 US」、VMware Fusion Blog(公式ブログ)を通じて、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップデートリリースに相当する「VMware Fusion 11.5」のリリース予定、機能概要等がアナウンスされています。

「Linux Mint 19.2」を「Parallels Desktop 15」にインストール

Cinnamon版で「Parallels Tools(for Linux)」のインストールまで

愛Linux Mint teamによるLinuxディストリビューション「Linux Mint 19.2(開発コードネーム「Tina」)」が、現地時間2019年8月2日付にてGAリリースを迎えました。Linux Mintは、アーキテクチャ、デスクトップ環境別に6種のエディションが提供されていますが、今回は、同オペレーティングシステムのCinnamonエディションを macOS(Mac OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 15」にゲストOSとしてインストールしてみましたので、そのプロセス等を簡単に纏めてみたいと思います。