「VMware Fusion 11.1.1」リリース、「macOS 10.14.6」との互換性を改善

投稿者: | 2019-08-09

2GB以上のメモリが割り当てられ、暗号化された仮想マシンが対象

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2019年8月8日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップデートリリースに相当する「VMware Fusion 11.1.1 Build 14328561」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「VMware Fusion」>「Check for Updates…(更新の確認…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約495.21MB)。

Ver. 11を対象としたメンテナンスアップデートとして位置付けられている当版では、バグフィックス、パフォーマンス改善等が行われており、ホストOSを「macOS Mojave 10.14.6」にアップデートした後に発生し得た、パフォーマンス関連の問題が緩和されています(当該問題は「VMware Fusion 11.1.0」と「macOS 10.14.6」の非互換性に起因し、2GB以上のメモリが割り当てられ、且つ暗号化された仮想マシンにおいて 症状が確認されていました)。

尚、既知の問題の一つとして、16GBのRAM容量を搭載したMacホストコンピュータ(ホストOSは「macOS 10.14.6」)において、2GBの仮想メモリを割り当てたWindowsゲストを実行した場合に、ゲストOSにおける「Microsoft Edge」「Google Chrome」が応答しなくなるケースが確認されています。

現時点では、仮想マシンに割り当てたメモリ容量を2GB以下に低減するか、ゲストOSにおいて上記以外のWebブラウザ(例えば、Safari、Firefox等)を使用するか、或いは当該仮想マシンにおけるセッティングエディタを通じて、3Dグラフィックスを無効化(「Display(ディスプレイ)」>「Accelerate 3D Graphics(3Dグラフィックスの高速化)」をアンチェック)するかの何れかのソリューションを実行する事によって、この問題を暫定的に回避する事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA