「Parallels Desktop 15(15.0.0)」リリース、「macOS Catalina」をサポート

投稿者: | 2019-08-13

MetalグラフィックスAPIをサポート

Parallels International GmbHより米国時間2019年8月12日、macOSベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のアップグレードリリースに相当する「Parallels Desktop 15 for Mac 15.0.0 Build 46967(GA版)」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約210.1MB)。

米国時間2019年4月10日よりテストリリース(プライベートベータ「pdfm 2019 TP」)が開始されていた当版では、一連のテストリリース(「April Technical Preview 1 Build 46605」~「August Technical Preview 3 Build 46897」)を通じた主な特徴として、以下の項目等が示されています(「14.1.3 Build 45485」からの主な変更点となります)。

サポート対象オペレーティングシステムの追加

  • Appleによる次世代デスクトップオペレーティングシステム「macOS Catalina 10.15」を ゲストOS、ホストOSとして試験的にサポート(ゲストOSとしては「macOS Catalina」のインストーラ等を通じてインストール可能。インストーラパッケージに含まれる「InstallESD.dmg」を抽出する必要はない)

macOSとWindowsの統合

  • macOS(ホストOS)、Windowsゲスト間において、ピクチャファイル(スクリーンショットサムネイル等)をドラッグアンドドロップ可能に。Safari、Photosアプリケーションからのイメージもサポート
  • Windowsゲストのメールクライアントを通じて、macOS(ホストOS)の「Finder」に属するファイルを添付して送信可能に(「Finder」コンテキストメニューの「Share…」項目から、Windowsゲストのデフォルトメールクライアントを指定可能)

Boot Camp仮想マシン関連の改善

  • Boot Camp仮想マシンを起動した後、Windowsゲストのアクティベーションが解除されるケースが確認されていた問題を修正
  • Boot Camp仮想マシンにおけるWindowsゲストに対してメジャーアップデートが配信された場合に、Parallels Desktopから通知されるべくした改善を適用。 尚、Parallels Desktopは、Boot Camp仮想マシンにおけるWindowsゲストを更新する権限を有していないため、この場合には 仮想マシンをシャットダウンし、ホストコンピュータ(Mac)を直接、Windowsから起動し、Windows Updateを通じてアップデートをインストールする必要がある
  • Boot Camp仮想マシンのコンソールウインドウを閉じる際に、サスペンドさせるか、或いはシャットダウンさせるかの何れかを ユーザに尋ねるべくした変更を適用

ユーザビリティ関連の改善

  • スナップショットを通じて 任意の過去の状態にリストアする場合に、現在の状態を保存するか否かを尋ねるべくした変更を適用(VMware Fusion、VirtualBoxと同様のハンドリング)
  • Coherence(コヒーレンス)モードへの切り替えが、よりシームレス、且つスムーズに実行されるべくした改善を適用。仮想マシンを Coherenceモードで直接起動した場合に、当該Windows(ゲストOS)の状況を、プレビューアイコンを通じて確認可能に
  • Parallelsアカウントの認証情報をキーチェーンに保存可能に。「Parallels Desktop.app」から、自身のParallelsアカウントへのログインが成功した後に、当該の認証情報をmacOSのKeychainに保存可能に(Parallelsアカウントに再びサインインする必要が生じた場合には、それらがオートフィルにて自動入力される)

デバイス関連の改善。Intel High Definition Audioのサポート

  • このオーディオドライバは、最大8/2チャンネル(out/in)、192kHzサンプルレート、32bitサンプル、及び⁠Jack Senseをサポートする。既存の仮想マシンにおけるオーディオドライバを変更するためには、当該仮想マシンをシャットダウンし、「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」>「Hardware(ハードウェア)」>「Sound & Camera(サウンドとカメラ)」を選択し、「Advanced Settings(詳細設定)」のドロップダウンメニューから「HD」を選択する。この機能をサポートするゲストOSは、「Windows 7」「Windows 10」「Ubuntu 16.04(Xenial Xerus)」「Ubuntu 17.10(Artful Aardvark)」、及び「Mac OS X Server 10.5 Leopard」〜「macOS Mojave 10.14」

BLE(Bluetooth Low Energy)のサポート

  • 共有BluetoothドライバーがVer. 4.0にアップデートされ、低エネルギーをサポート。種々のIoT(Internet of Things)デバイスをWindows(ゲストOS)に接続可能に。現時点における対応デバイスは「IrisPen」「Logitech Craft Keyboard」「Sony PlayStation Dual Shock 4」等。この機能をサポートするゲストOSは、「Windows 8.1」「Windows 10」「Linux Kernel 3.13」以降、及び「Android」。仮想マシンにおいてBLEを使用するためには、追加のアプリケーションをインストールする必要がある(Windowsゲストの場合には「Bluetooth LE Explorer」、Linuxゲストの場合には「hcitool」+「gatttool」ユーティリティ)

NVMe仮想ディスクコントローラのサポート

  • 仮想ディスクパフォーマンスの改善を期待できる NVMeタイプの仮想ディスクコントローラは、「Windows 10(ゲストOS)」に向けた仮想マシンを作成した場合には、デフォルトにて有効化される(現時点では、既存の仮想マシンをNVMeタイプに変更する事はできない)。この機能は前版(Ver. 14)のBetaテスト時にも実装されたが、時期尚早として回避された経緯がある

Windowsキーボードレイアウトのサポートの改善、再デザイン

  • Excel(ゲストOSアプリケーション)に向けて「controk(Ctrl)」+「+」、「controk(Ctrl)」+「-」をサポート
  • JIS(Japanese Industrial Standards)キーボードのサポートを改善
  • 英語以外の殆どのレイアウトを対象として、capsロックが有効になっている場合の入力を修正
  • And many others…

※上記のリストは、「Parallels Desktop 15 for Mac Pro Edition」を対象としていますので、「Standard Edition(通常版)」には実装されない機能も含まれています。

当版におけるシステム要件は、64bitプロセッサを搭載したApple製コンピュータ、ホストOSは「macOS Sierra(macOS 10.12.6)」以降(「macOS Catalina 10.15」を含む)となっています。Ver. 14にてサポートされていた「OS X El Capitan(OS X 10.11.6)」は 対象外となりますので御注意下さい(ゲストOSとしてのMac OS X(macOS)のサポートは「Server 10.5」〜「10.15」となります)。また、既知の問題点を含むその他の詳細が、リリースノート、及びPTN(Parallels Technology Network)等を通じて確認可能となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA