「VirtualBox 6.1 Beta 1」リリース、ネスト仮想化の強化

投稿者: | 2019-09-22

旧スタイルのVBoxVGAを廃止し、VBoxSVGA、VMSVGAに注力

Oracle Corporationより米国時間2019年9月16日、開発過程にある次世代デスクトップ仮想化ソフトウェア「Oracle VM VirtualBox 6.1」の最新プレビュー版に相当する「Oracle VM VirtualBox 6.1.0 Beta 1 Build 133315(VirtualBox 6.1.0 Test Release 1)」がリリースされ、現在コミュニティサイトを通じて、OS X、Windows、Linux、Solarisを対象としたバイナリパッケージ、ソースコード、SDK(Software Development Kit)、及びPUEL(VirtualBox Personal Use and Evaluation License)に準拠したエクステンションパック(Oracle VM VirtualBox Extension Pack)が入手可能となっています(Mac OS X版 dmg 約121.0MB。バイナリとソースコードには、ライセンスとしてGPLv2(GNU General Public License Version 2)が適用されています)。

次世代版のテスト、評価等を主目的としたプレビュー版として位置付けられている当版では、機能の追加、パフォーマンス改善等が行われており、主な特徴として、以下の項目等が示されています(「6.0.12 Build 133076」からの主な変更点となります)。

全般的な改善

  • OCI(Oracle Cloud Infrastructure)から仮想マシンをインポート可能に
  • OCIに対して仮想マシンをエクスポートするための機能を拡張。再アップロードする事なく、複数の仮想マシンを作成可能に
  • より効率的な準仮想化のバリアントを使用して、クラウドに対して仮想マシンををエクスポートするためのオプションを追加
  • 仮想化コアの改善。Intel CPUにおいて、ネストされたハードウェア仮想化をサポート(第5世代のCore i(コードネーム「Broadwell」以降)

3Dグラフィックスを含むグラフィックス関連の改善

  • 新スタイルの3Dサポート(VBoxSVGA、VMSVGA)を残し、旧スタイル(VBoxVGA)を完全に除去

GUI関連の改善

  • 仮想ISOイメージの作成、及びファイルマネージャダイアログを改善
  • GUIクライアント(Oracle VM VirtualBox Manager(Oracle VM VirtualBoxマネージャ))における仮想マシンリストを改善。仮想マシングループが視覚的に明確化され、VMの検索機能を改善。残りのリストで それがスクロールされないように、グローバルツール要素が所定の位置に固定されるべくした改善を適用
  • GUIクライアントにおける「Details(詳細)」ペインに、最も重要だと判断された特定の仮想マシン属性に向けた埋め込みエディタを追加。仮想マシン設定ダイアログを開く事なく対応可能なハイパーリンクをクリックする事によって、オンザフライに属性を編集可能に
  • ユーザが多数のメディアを登録している場合に、負荷を低減してパフォーマンスを最適化するために、内部的な中間エニュメレーションルーチンを最適化。また、「Virtual Media Manager(仮想メディアマネージャー)」を通じて、既存のメディアを追加(或いは新規作成)する事を再許可
  • GUIクライアントにおける「Storage(ストレージ)」ペインに、ユーザビリティの向上に向けた微調整を適用。ユーザによって、コントローラバスタイプが変更可能となり、ドラッグアンドドロップを使用して、コントローラ間で添付ファイルを移動可能に
  • And many others…

当版におけるシステム要件は、64bitプロセッサを搭載したApple製コンピュータ、ホストOSは「macOS Sierra 10.12」以降(「macOS Mojave 10.14」を含む)となっています。ゲストOSとしてmacOS(OS X)をインストールする事も可能となっていますが、サポート対象外となりますので御注意下さい(ゲストOS拡張機能「Guest Additions」も用意されていません)。また、既知の問題点を含む その他の詳細が、ユーザマニュアル、サポートフォーラム等を通じて確認可能となっています。

尚、「6.1.0 Beta 1 Build 133315」の時点において、「macOS Catalina 10.15」は ホストOSとして正式にサポートされていませんが、インストールして試用する事は可能となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA