「Parallels Desktop for Mac with Apple M1 chip」について

投稿者 | 2020年11月14日

米国時間2020年11月10日に開催されたオンラインイベント「One more thing.」において実装機種(Mac mini、MacBook Air、MacBook Pro)の正式リリースが発表された、ARMベースのSoC(System on a Chip)「Apple Silicon」は、優れた電力効率とグラフィックスパフォーマンスの実現、及び機械学習コア「Neural Engine」の実装等で、Macを次世代へと導く事が期待されますが、一方ではアーキテクチャの変更に伴い、Intel Macに向けて提供されている仮想化ソフトウェアのロードマップにも注目が集まるところです。

Parallelsがテクニカルプレビューの開始を告知し、テスターも募集中

この渦中において、Corel CorporationグループのParallels International GmbHより米国時間2020年11月10日、Parallels Blog(公式ブログ)を通じて、macOS(Apple M1)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac with Apple M1 chip」の開発動向が紹介されています。

上記の公式リリースやPTN(Parallels Technology Network)に寄せられた情報等を総合すると、Apple Siliconをホストシステムとした「Parallels Desktop for Mac with Apple M1 chip」は既に開発に着手されており、GUIクライアント(Parallels Desktop.app)は Universal Binaryとしてビルドされているとの事です。

また、近日中にTechnical Previewをリリースするとしてテスターを募っており、このプログラムには、Apple M1実装機種を有しているユーザーは勿論、所有していないユーザーでも 情報の入手に限定して登録する事が可能となっています。現時点でGAリリースのスケジュール等には言及されていませんが、その動向には注目が集まる事でしょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA