「Parallels Desktop 16.1.0」リリース、Big SurスタイルのUIを採用

投稿者 | 2020年11月1日

Corel CorporationグループのParallels International GmbHより米国時間2020年10月22日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop 16 for Mac 16.1.0 Build 48950(Parallels Desktop 16 Update 1 Hotfix 0)」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「Parallels Desktop」>「Check for Updates…(更新をチェック…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約214.58MB)。

「macOS Big Sur(ホストOS)」環境におけるデフォルトにて、Appleのハイパーバイザーを採用

Ver. 16を対象としたアップデートリリースとして位置付けられている当版では、機能の追加、全般的な安定性改善、パフォーマンス改善、バグフィックス等が行われており、前版(「16.0.1 Build 48919」)からの主な変更点として、以下の項目等が示されています。

「macOS Big Sur(ホストOS)」に対する互換性改善

  • 仮想マシンの起動を試みた後に、macOS(ホストOS)がクラッシュするケースが確認されていた問題を修正
  • Windows(ゲストOS)に対して任意のユーザーでログインした場合に、仮想マシンがクラッシュするケースが確認されていた問題を修正
  • Ver. 16にアップグレードした後に、サスペンドされた仮想マシンをレジュームする事ができなかった問題を修正
  • 仮想マシンをCoherence(コヒーレンス)モードで実行している場合に、バックグラウンドにおいてグラフィックスアーチファクトが生じていた問題を修正
  • macOS(ホストOS)を再起動した後に、ParallelsによるKernel Extension(カーネル拡張)をロードする事ができなかった問題を修正
  • 「macOS Big Sur(ホストOS)」環境において、新規に作成したBoot Camp仮想マシンを起動する事ができなかった問題を修正
  • Parallels Desktopが、インストールを完了するためにmacOS(ホストOS)の再起動を促し、その後に(再起動後に)同じメッセージが再度表示されるケースが稀に確認されていた問題を修正
  • 「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」>「Hardware(ハードウェア)」>「CPU & Memory(CPUおよびメモリ)」ペインに、2つのメニュー項目しか表示されてなかった問題を修正
  • スナップショットの削除中に「Unable to pause “virtual machine name”.(”仮想マシン名” を一時停止する事ができません)」というメッセージが表示され得た問題を修正
  • 環境設定(Parallels Desktop」>「Preferences…(環境設定…)」)、及び「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」ダイアログのタブを切り替えた場合に、GUIクライアント(Parallels Desktop.app)のウインドウが上に移動していた問題を修正
  • macOS(ホストOS)のDockにおいて、複数の仮想マシンアイコンが表示されるケースが稀に確認されていた問題を修正

「macOS Big Sur(ゲストOS)」に対する互換性改善

  • 既存のmacOS(ゲストOS)を「macOS Big Sur 11.0」にアップグレードする事ができなかった問題を修正
  • リカバリーパーティションから、仮想マシンに「macOS Big Sur 11.0」をインストールする事ができなかった問題を修正
  • ゲストOS拡張機能「Parallels Tools」の再インストール後に、「macOS Big Sur 11.0(ゲストOS)」がインストールされた仮想マシンがブラックスクリーンの状態で行き詰まっていた問題を修正
  • 「macOS Big Sur 11.0(ゲストOS)」へのアップグレード後に、当該仮想マシンがブラックスクリーンの状態で行き詰まっていた問題を修正
  • ユーザーがログインした場合に、稀に「macOS Big Sur 11.0(ゲストOS)」がインストールされた仮想マシンがリブートするケースが確認されていた問題を修正
  • 「macOS Big Sur 11.0」以外の版がインストールされたホストコンピュータ(Mac)で作成された仮想マシン(「macOS Big Sur 11.0(ゲストOS)」)において、デフォルトの画面解像度が 1024*768に設定されていた問題を修正
  • 「Installation Assistant(インストールアシスタント)」において、「macOS Big Sur 11.0(ゲストOS)」のバージョンが正しく表示されていなかった(Ver. 10.16として表示されていた)問題を修正

その他の改善

  • ユーザーインターフェイスをBig Surスタイルにアップデート
  • 「macOS Big Sur 11.0」のプライバシー制限を満たすべくした改善を適用(例えば、ユーザーが同意を与えるまで、Bluetoothの使用は許可されない等)
  • ネスト仮想化が必要な場合には、Parallelsのハイパーバイザを使用するように、仮想マシンが構成される

追加の情報

  • 新しい要件に従い、「macOS Big Sur(ホストOS)」において作成された全ての仮想マシンは、デフォルトにて Appleのハイパーバイザーを使用するように設定されている。Parallelsのハイパーバイザーにて仮想マシンを使用する場合には、「System Preferences(システム環境設定)」>「Security & Privacy(セキュリティとプライバシー)」>「General(一般)」から Parallelsによるカーネル拡張(.kext)を許可した後に、「macOS Big Sur(ホストOS)」を再起動する必要がある
  • 現時点において、ネットワーク調整機能は「macOS Big Sur 11.0」がインストールされたホストシステムでは 使用する事ができない

3Dグラフィックスを含むグラフィックス関連の改善

  • MicrosoftによるマルチメディアAPI「DirectX 11.1(Direct3D 11.1)」をサポート。この改善よって、高解像度モニター、及び「DirectX 11(Direct3D 11)」を要する 更なるアプリケーション、ゲーム等の対応範囲を拡張
  • macOS(ゲストOS)における「Metal」グラフィックスAPIへの対応の改善。OpenGLを置き換え、3Dグラフィックスのレンダリングをアクセラレートする同APIへの対応の改善により、macOS(ゲストOS)におけるパフォーマンスを改善した他、2018年から2020年に報告されていた、以下の多数の問題を修正
    • 「Preview(プレビュー)」で開かれたPDFドキュメントにおいてテキストを選択した場合に、当該のテキストがブラックアウトしていた
    • FileSimpleアプリケーションにおいて、インターフェイスがブランクになるケースが確認されていた
    • メニューバーの時計がシャープに表示されないケースが確認されていた
    • Webブラウザ「Safari」において複数のタブを開いた場合に、グラフィカルアーチファクトが表示されていた
    • 「Notes(メモ)」がクラッシュするケースが確認されていた
    • 「Maps(マップ)」でブラックスクリーンが表示されるケースが確認されていた
    • 「Photos(写真)」において、黒いサムネイルが表示されるケースが確認されていた

デバイス関連の改善

  • ディスクイメージ(.dmg)に基づいてParallels仮想ディスク(.hdd)を作成し、当該ディスクを仮想マシンにおいて使用可能に

当版におけるシステム要件は、64bitプロセッサを搭載したApple製コンピュータ、ホストOSは「macOS High Sierra(macOS 10.13.6)」以降(「macOS Big Sur 11.0」を含む)となっています。Ver. 15にてサポートされていた「macOS Sierra(macOS 10.12.6)」は 対象外となりますので御注意下さい(ゲストOSとしてのMac OS X(macOS)のサポートは「Server 10.5」〜「11.0」となります)。また、既知の問題点を含む その他の詳細が、リリースノート、PTN(Parallels Technology Network)等を通じて確認可能となっています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA