mdworker(エムディーワーカー)

投稿者: | 2019-06-08

初版作成日 2019年6月8日
最終更新日

Spotlightのインデックスを制御する管理プロセス

米Appleより開発、提供等が行われている、オペレーティングシステムコンポーネント(ターミナルコマンド)。macOS(Mac OS X)を対象プラットフォームとし、デスクトップ検索テクノロジ「Spotlight」において、核となるインデックスファイル(ルートディレクトリ直下の不可視フォルダ「/.Spotlight-V100/」以下(サブディレクトリ「Store-V1」「Store-V2」)に保存されている)の作成、更新等を司るプロセス。独立したアプリケーションではなく、システムレベルで統合されている常駐プロセスの一つとして macOSのバックグラウンドにて稼動しており、適宜にインデックスの作成、更新等の管理全般を行っている。

米国時間2005年4月29日付にてリリースされた「Mac OS X 10.4 Tiger」において、「mdimport」という名称にて Spotlightと共に新たに実装され、メタデータ検索とインクリメンタルサーチによって齎される、広範にして高速な検索性を支えている。2世代後の「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」より、現在の名称(mdworker)に変更されている。

ターミナルを通じたマニュアル制御

プロセスとは別に、「Terminal(ターミナル、/Aplication/Utilities/Terminal.app)」コマンドの一つとしても機能し、任意のフォルダやファイルを対象としたインデックス管理を、ユーザ主導のタイミングにて実行させる事が可能。同コマンドでは、インデックス作成の対象として除外設定(不可視属性等)されているフォルダやファイルに対して、強制的にインデックスの作成を行わせる「-f」、インストールされ、使用可能なプラグインのリストを表示させる「-L」等のオプションを利用する事が可能となっている(何れも要管理者権限)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA