「Catalina Beta」と「Parallels Desktop 14 for Mac」

投稿者: | 2019-07-07

ゲストOS、ホストOSの双方における 互換性の現状を報告

世界開発者会議「WWDC 2019(Worldwide Developers Conference 2019)」において発表され、iPadをMacのサブディスプレイとして使用可能とする「Sidecar」のサポート等が予定される、Appleによる次世代デスクトップオペレーティングシステム「macOS Catalina 10.15」ですが、米国時間2019年6月17日付にて公開されたParallelsによるサポートドキュメント(公式ナレッジベース)を通じて、同OSのBeta版(パブリックベータ)と「Parallels Desktop 14 for Mac(ゲストOS、ホストOS)」との互換性に関して言及がなされていますので、その内容等を簡単に纏めてみたいと思います。

「Parallels Desktop 14 for Mac」は、米国時間2019年3月14日付にてリリースされた「14.1.3 Build 45485(現行GA版)」の段階において、「macOS Catalina Beta」をゲストOS、ホストOSとして正式にサポートしていませんが、双方においてインストールから基本動作の実行が確認されていると伝えられています。また、現時点における互換性の現状が、以下の通りに纏められています。

「macOS Catalina」を ホストOSとして使用する場合

「macOS Catalina(ホストOS)」に「Parallels Desktop 14 for Mac」をインストールする際に、インストレーションがハングアップする

インストールプロセスを強制終了して、アプリケーションフォルダから「Parallels Desktop.app」を起動して下さい。「Parallels Desktop」が、System Extensions(システム機能拡張)の許可を訪ねてきた場合には、「System Preferences(システム環境設定)」>「Security & Privacy(セキュリティとプライバシー)」>「General(一般)」から Parallelsによるカーネル拡張(.kext)を許可した後に、「macOS Catalina(ホストOS)」をリスタートして下さい。

Parallels services(Parallelsサービス)を起動する事ができない(エラーメッセージが表示される)

「macOS Catalina(ホストOS)」を再起動した後に、「Parallels Desktop 14 for Mac」を起動し直して下さい。

ゲストOSにおいて、Shared Profile(共有プロファイル)が機能しない

現時点で、回避方法はありません。

ゲストOSにおいて、USBデバイスを認識しない

「macOS 10.15 Developer Beta 2」において修正されました。

コンソールウインドウのデバイスバーにおいて、低解像度のアイコンが表示される

現時点で、回避方法はありません。

「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」>「Options(オプション)」>「Startup and Shutdown(起動と終了)」項目において、「Always ready in background(常にバックグラウンドで待機)」が有効化されている場合に、仮想マシンがクラッシュする

「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」>「Hardware(ハードウェア)」>「Sound & Camera(サウンドとカメラ)」項目において、カメラ共有とマイクロフォンのオプションを無効化して下さい。

「macOS Catalina」を ゲストOSとして使用する場合

既存のmacOSゲストを Ver. 10.15へとアップグレードするプロセスにおいて、当該仮想マシンがハングアップする

「Actions(処理)」>「Reset(リセット)」メニューを通じて、仮想マシンをリセットして下さい。

ゲストOS拡張機能「Parallels Tools」をインストールする際の進捗ウインドウ(「Parallels Tools Installation Agent」ウインドウ)が、インストールプロセスが100%に達した後も、消えずに画面に残り続ける

実際には、Parallels Toolsは、正常にインストールされています。 仮想マシンを再起動すると、当該ウインドウは消去されます。

「macOS Catalina(ゲストOS)」において、デスクトップ上のアプリケーションウィンドウを移動する事ができない

「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」>「Hardware(ハードウェア)」>「Mouse & Keyboard(マウスとキーボード)」項目において、「Mouse(マウス)」オプションを「Optimize for games(ゲーム用に最適化)」に切り替えて下さい。マウスカーソルのスピードを変更するためには、ゲストOSにおける「System Preferences(システム環境設定)」>「Mouse(マウス)」を使用して下さい。

冒頭にリンクを示したナレッジバースドキュメントは、状況に応じて更新される可能性があるとの事です。また、Parallelsエンジニアリングチームは「macOS Catalina」のGAリリース後、すぐに対応版を提供できるよう、開発に取り組んでいると伝えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA