「VMware Fusion 12」発表、「macOS Big Sur」をサポートし、Playerは無償提供へ

投稿者 | 2020-08-22

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2020年8月20日、プレスリリース、VMware Fusion Blog(公式ブログ)を通じて、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップグレードリリースに相当する「VMware Fusion 12」のリリース予定、機能概要等がアナウンスされています。

Hypervisor APIに対応し、eGPUもサポート

米国時間2007年8月6日にVer. 1.0がGAリリースを迎えて以来、今年で13周年を迎える「VMware Fusion」は、アップグレードに相当するVer. 12としてリリースされる事となりました。

当版では、定期的にリリースされていたTech Previewチャンネルの成果がStableチャンネルにマージされ、Appleによる次世代デスクトップオペレーティングシステム「macOS Big Sur 11.0」を ゲストOS、ホストOSとしてサポートし、ゲストOSとしては APFS(Apple File System)が適用されたリカバリーパーティションからのインストールにも対応します。

また、ハイパーバイザスタックを再構築し、macOSが提供するネイティブのハイパーバイザー「Hypervisor API」に対応し、ホストOSが「macOS Big Sur 11.0」の環境において、サードパーティ(この場合はVMware)によるカーネル拡張(.kext)が完全に廃止される事となります。

デバイス関連では、GUIクライアント(VMware Fusion.app)におけるセッティングエディタを通じて 仮想マシン毎に外部GPUを選択する事が可能となりました。この改善によって、「AMD Radeon 5700」を搭載したeGPUを使用して、MacBook Airのビルトインのディスプレイにおいて、Windows(ゲストOS)に向けた「DirectX 11(Direct3D 11)」グラフィックスをレンダリングする事等が可能となった他、仮想マシンにおいて「USB 3.1 SuperSpeed Plus」コントローラがサポートされます。

ライセンスが変更され、「VMware Fusion Player」の個人利用は無償にて利用可能。Pro版は「VMware Workstation Pro」も利用可能

当版では、ライセンスに大きな変更が行われ、従来までのStandard版が廃止され、代わりに新規の商用ライセンス149ドル(アップグレード79ドル)の「VMware Fusion Player」がラインアップされています。この「VMware Fusion Player」は、個人利用に限り無料にて利用可能となっており、機能的には スナップショットやコンテナ等、現在のStandard版にて提供されている機能が、そのまま引き継がれます。

上位版の「VMware Fusion Pro」も引き続き提供され、こちらは新規ライセンス199ドル(アップグレード99ドル)に設定され、単一のシリアルにて「VMware Fusion Pro」「VMware Workstation Pro」の何れかを3台のコンピュターにまでインストールして実行する事が可能となっています(MacがApple Siliconに移行した後には、Intel版のWindows、Linux(ゲストOS)を実行する環境としても、活用する事ができるでしょう)。

尚、「macOS Big Sur 11.0」が発表された2020年6月15日以降に「VMware Fusion 11.5(Standard/Pro)」を購入したユーザーには、「VMware Fusion 12(Standard/Pro)」のアップグレードライセンスが無料にて提供され、GA版は 四半期の決算が発表される2020年10月30日頃にリリース予定と伝えられています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA