「Parallels Desktop 14.0.1」リリース、Mojaveホストとの互換性を改善

投稿者: | 2018-09-13

「Windows 10(ゲストOS)」に対する互換性改善も

Parallels International GmbHより米国時間2018年9月12日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop 14 for Mac 14.0.1 Build 45154(Parallels Desktop 14 Update 0 Hotfix 1)」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「Parallels Desktop」>「Check for Updates…(更新をチェック…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約200.0MB)。

Ver. 14を対象としたアップデートリリースとして位置付けられている当版では、全般的な安定性改善、パフォーマンス改善、及びバグフィックス等が行われており、前版(「14.0.0 Build 45124」)からの主な変更点として、以下の項目等が示されています。

  • ホストコンピュータにカメラを接続した場合に発生し得た問題、仮想マシンの共有に関する問題、及びブラックスクリーンが発生し得た問題を修正
  • 「Windows 10(ゲストOS)」におけるサウンド(Bluetoothヘッドフォン)関連の問題を修正し、サスペンドからレジュームした後の音質を改善
  • Coherence(コヒーレンス)モードで開かれている2ウインドウ間において、ドッラグアンドドロップが適切に機能しないケースが確認されていた問題を修正
  • Microsoft PowerPointにおいてアニメーション プレゼンテーションを再生している場合に発生し得た、グラフィックスアーティファクトを修正
  • UbuntuにおいてParaViewを実行している場合に発生し得た、グラフィックスアーティファクトを修正
  • ゲストOSにおいて「Allplan 2018」を実行している場合に発生し得た、グラフィックスアーティファクトを修正
  • Windows Updateを適用後のWindows 10(ゲストOS)において、DesignBuilderで ブラックスクリーンが生じるケースが確認されていた問題を修正
  • ゲストOSにおいて、SketchUP Viewerが適切に機能しなかった問題を修正
  • 一部のWindows(ゲストOS)をレジューム、或いはシャットダウンした場合に、当該仮想マシンがフリーズするケースが確認されていた問題を修正
  • 「Windows 10(ゲストOS)」において、スワイプジェスチェが適切に機能しないケースが確認されていた問題を修正
  • 仮想マシンのDockアイコンからCoherenceモードで動作している仮想マシンに対して、スキャナ、及びその他のUSBデバイスが接続されないケースが確認されていた問題を修正
  • ゲストOSから、共有されたホームフォルダ(ホストOS)におけるファイルにアクセスする事ができないケースが確認されていた問題を修正
  • 「New Virtual Machine Assistant(新規仮想マシンアシスタント)」を通じて、「Debian GNU/Linux 9」「CentOS 7」の仮想アプライアンスをダウンロード可能に

以下は、Appleによる次世代デスクトップオペレーティングシステム「macOS Mojave 10.14」に向けた改善となります

  • ホストOS側のSafariで表示しているWebページを、ゲストOS側のWindows Internet Explorerにおいて開く事を可能とするSafari拡張機能「’Open In’ button for Internet Explorer」を Mojaveホストにおいて有効化する事ができなかった問題を修正
  • 「Parallels Desktop Help(Parallels Desktopヘルプ)」を、2つの別々のウィンドウで開く事ができなかった問題を修正
  • Mojaveホスト、ゲストOS間において、ファイルをドラッグアンドドロップする事ができないケースが確認されていた問題を修正
  • Parallels Desktop Helpにおいて、検索機能(「Help(ヘルプ)」>「Search(検索)」)が 適切に動作しなかった問題を修正

当版におけるシステム要件は、64bitプロセッサを搭載したApple製コンピュータ、ホストOSは「OS X El Capitan(OS X 10.11.6)」以降(「macOS Mojave 10.14」を含む)となっています。Ver. 13にてサポートされていた「OS X Yosemite(OS X 10.10)」は 対象外となりますので御注意下さい(ゲストOSとしてのMac OS X(macOS)のサポートは「Server 10.5」〜「10.14」となります)。また、既知の問題点を含むその他の詳細が、リリースノート、及びPTN(Parallels Technology Network)等を通じて確認可能となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA