Dashboard(ダッシュボード)

投稿者: | 2018-12-09

初版作成日 2018年12月9日
最終更新日 2019年2月10日

TigerのWidgetバー
↑各種のウィジェットを管理可能な Widgetバー

デスクアクセサリのユーティリティ性を Webテクノロジで実現

米Appleより開発、提供等が行われている、Widget(ウィジェット)実行環境。macOS(Mac OS X)を対象プラットフォームとし、米国時間2005年4月29日付にてリリースされた「Mac OS X 10.4 Tiger」において、中核機能の一つとして新たに実装された。独立したアプリケーションではなく、システムレベルで統合されている。

Classic Mac OS由来のデスクアクセサリを 鮮やかなエフェクトで彩り、より使い易く、作り易くリファインされており、macOS(Mac OS X)において 下位レイヤより、Dashboard全体を制御するアプリケーション実行環境「Dashboard Server」、個々のウィジェットを制御するクライアントプロセス「Dashboard Client」、単体プログラムのデスクアクセサリ「Widget」の三層構造にて構成されている。

基本動作は、デフォルト(初期値)で「F12」キーに割り当てられているホットキーを押下する事によって、(デスクトップを覆う半透明レイヤ上で)ウィジェットに分類されるミニアプリケーションが動作する(ホットキーは、「System Preferences(システム環境設定)」>「Mission Control」から変更する事も可能)。

システム環境設定の「DashboardとExpose」
↑「Mac OS X 10.4 Tiger」における「「Dashboard & Expose(DashboardとExpose)」。「画面のコーナーへの機能割り当て」は、カスタマイズ後の設定

パッケージの構成と開発環境

ウィジェットのパッケージは、汎用的なWebテクノロジとして普及している「HTML」「CSS」「Java Script」等によって構成されており、これらを制御する「Dashboard Client」には「Safari」等にも実装されているアプリケーションフレームワーク(レンダリングエンジン)「WebKit」が組み込まれている。

米国時間2007年10月26日付にてリリースされた「Mac OS X 10.5 Leopard」では、Webブラウザ「Safari 3」との連携にて、Webページにおける任意の範囲をウィジェットとして抽出し、当該ページのライブ表示、及びコンテンツの自動更新を可能とする「Web Clip」が追加された他、Dashboardウィジェットを作成するための統合開発環境として「Dashcode」が同梱された。