「Parallels Desktop 17.1.0」リリース、仮想TPMチップを追加

「Windows 11(ゲストOS)」の動作要件を満たすために、新たにVirtual TPMチップを追加した他、Linux(ゲストOS)においてWaylandプロトコルにも対応した「Parallels Desktop 17.1.0」がリリースされました。変更点の概要やシステム要件等を纏めています。

「Parallels Desktop 17.0.1」リリース、「Windows 11」との互換性を改善

Parallels International GmbHより米国時間2021年9月7日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop 17 for Mac 17.0.1 Build 51482(Parallels Desktop 17 Update 0 Hotfix 1)」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「Parallels Desktop」>「Check for Updates…(更新をチェック…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約309.31MB)。

「Parallels Desktop 17(17.0.0)」リリース、「macOS Monterey」に対応

Parallels International GmbHより米国時間2021年8月10日、macOSベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のアップグレードリリースに相当する「Parallels Desktop 17 for Mac 17.0.0 Build 51461(GA版)」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリーパッケージが入手可能となっています(アプリケーションをアクティベートするために、インターネット接続環境が必要となります)。

「Linux Mint 20.2」を「Parallels Desktop 16.5(Intel)」にインストール

愛Linux Mint teamによるLinuxディストリビューション「Linux Mint 20.2(開発コードネーム「Uma」)」が、現地時間2021年7月8日付にてGAリリースを迎えました。Linux Mintは、デスクトップ環境別に3種のエディションが提供されていますが、今回は、同オペレーティングシステムのCinnamonエディションを macOSベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 16.5(Intel)」にゲストOSとしてインストールしてみましたので、そのプロセス等を簡単に纏めてみたいと思います。

「Monterey Beta」と「Parallels Desktop 16.5」

世界開発者会議「WWDC 2021(Worldwide Developers Conference 2021)」において発表され、FaceTimeにおける「SharePlay」、キーボード、タッチパッド、マウス等の入力機器を別のmacOS、iOSデバイス(iPad)と共有可能な「Universal Control(ユニバーサルコントロール)」の実装等が予定される、Appleによる次世代デスクトップオペレーティングシステム「macOS Monterey 12.0」ですが、米国時間2021年6月14日付にて公開されたParallels Blog(公式ブログ)を通じて、同オペレーティングシステムのBeta版(プライベートベータ)を macOS(Mac OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 16 for Mac」にゲストOSとしてインストールする手順等が概説されていますので、そのプロセス等を簡単に纏めてみたいと思います。

「Parallels Desktop 16.5.0」リリース、Apple M1 chipをサポート

Corel CorporationグループのParallels International GmbHより米国時間2021年4月15日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop 16 for Mac 16.5.0 Build 49183(Intel) 50692(Apple Silicon)(Parallels Desktop 16 Update 5 Hotfix 0)」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「Parallels Desktop」>「Check for Updates…(更新をチェック…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約1.4MB。インストールプロセスを開始した後に、適用環境に応じたフルインストーラーをダウンロードします)。

「Parallels Desktop for Mac」、仮想マシンの保存場所について

macOSベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」には、開発元から直接ダウンロードする「Business Edition」「Pro Edition」「Standard Edition」の他に、Mac App Storeを通じて入手可能な「Mac App Store Edition」がラインナップされています。

当エントリでは、各エディションによって管理される仮想マシンの保存場所(ロケーション、ディレクトリー)について纏めてみたいと思います。

「Parallels Desktop 16.1.2」リリース

Corel CorporationグループのParallels International GmbHより米国時間2020年12月23日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop 16 for Mac 16.1.2 Build 49151(Parallels Desktop 16 Update 1 Hotfix 1)」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「Parallels Desktop」>「Check for Updates…(更新をチェック…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約215.96MB)。

「Ubuntu 20.10」を「Parallels Desktop 16」にインストール

CanonicalによるLinuxディストリビューション「Ubuntu 20.10(開発コードネーム「Groovy Gorilla」)」が、英国時間2020年10月22日付にてGAリリースを迎え、現在Ubuntu Foundationによる公式ダウンロードページを通じて、x86-64(AMD64)を対象としたisoイメージが入手可能となっています。今回は、同オペレーティングシステムを macOS(Mac OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 16」にゲストOSとしてインストールしてみましたので、そのプロセス等を簡単に纏めてみたいと思います。

「Parallels Desktop 16.1.1」リリース、「Ubuntu 20.04」との互換性を改善

Corel CorporationグループのParallels International GmbHより米国時間2020年11月18日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop 16 for Mac 16.1.1 Build 49141(Parallels Desktop 16 Update 1 Hotfix 1)」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「Parallels Desktop」>「Check for Updates…(更新をチェック…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約214.69MB)。