「Parallels Desktop 14(14.0.0)」リリース、「macOS Mojave」をサポート

投稿者: | 2018-08-21

iMac Proホストでは、「Intel AVX-512」命令セットをサポート

Parallels International GmbHより米国時間2018年8月20日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のアップグレードリリースに相当する「Parallels Desktop 14 for Mac 14.0.0 Build 45124(GA版)」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約198.0MB)。

米国時間2018年4月10日よりテストリリース(プライベートベータ「pdfm 2018 TP」)が開始されていた当版では、一連のテストリリース(「April Technology Preview 1 Build 44669」~「August Technology Preview 4 Build 45007」)を通じた主な特徴として、以下の項目等が示されています(「13.3.0 Build 43321」からの主な変更点となります)。

サポート対象オペレーティングシステムの追加

  • Appleによる次世代デスクトップオペレーティングシステム「macOS Mojave 10.14」をホストOS、ゲストOSとして試験的にサポート(ゲストOSとしては「macOS Mojave」のインストーラ等を通じてインストール可能。インストーラパッケージに含まれる「InstallESD.dmg」を抽出する必要はない)

ユーザインターフェイスのレスポンス、及び起動時間

  • 新たなフレームワークの構築、及び微調整の施しにて、非常に洗練され、且つ応答性の高いインターフェイスを実現
  • GUIクライアント(Parallels Desktop.app)の起動ルーチンを改善、及び最適化し、起動時間を短縮
  • ホストコンピュータ再起動後の、GUIクライアント、或いは仮想マシンの起動時間の短縮、及び各種のユーザインターフェイスのパフォーマンスを改善(例えば「New Virtual Machine Assistant(新規仮想マシンアシスタント)」を開く時、ユーザインターフェイスでのスクローリング時(フリーシステムの選択時等))、及び「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」におけるパネルの切り替え時等)

Coherence(コヒーレンス)モードのパフォーマンス、及び外付けディスプレイ

  • Coherenceテクノロジにおいて、スピードの向上、及びリソース使用量の低減を実現
  • Retinaディスプレイにおいて、アプリケーションウインドウのボーダー周りに アーチファクトが生じていた問題を修正
  • 実行中の仮想マシンの「View(表示)」メニューにおいて、Coherenceモードを有効化可能に
  • Coherence(コヒーレンス)モード、及び外部ディスプレイを使用している場合に、「View(表示)」>「Retina Resolution」>「Best for external display」オプションを選択する事によって、仮想グラフィックスシステムにおける負荷が大幅に軽減され、パフォーマンスが大幅に改善される

27インチ iMac Retina 5Kディスプレイ、21.5インチ iMac Retina 4Kディスプレイ、高解像度の外付けディスプレイに対する仮想マシンの出力

  • 4K以上のディスプレイが、更なる需要を集める中、Retinaディスプレイと高解像度モニタを同時に使用した場合に、パフォーマンス関連の問題が生じるケースが確認されていた。しかしながら、Ver. 14における改善にて、Windowsゲストにおける効率性、応答性が向上し、バッテリ寿命の延長とメモリ使用量の低減を実現した(この機能は、「macOS High Sierra 10.13(ホストOS)」においてのみ、デフォルトで有効化。この機能を試用するためには、4K/5K iMac、或いは高解像度の外付けディスプレイにおいて、コンソールウインドウの移動、リサイズ、或いはフルスクリーンモードへの切り替え等、通常通りに仮想マシンを使用するだけで良い)

WindowsゲストにおけるCPU使用率の通知

  • コンソールウインドウのタイトルバーにCPUアイコンを配置し、そこから呼び出し可能なパネルを通じて、仮想マシンのCPU使用率、及び使用率の高いアプリケーションを確認可能に
    仮想マシンのCPU使用率
    ↑タイトルバーのCPUアイコンを通じて、仮想マシンのCPU使用率、使用率の高いアプリケーションを確認可能

再設計されたリソースモニタ

  • ホストOSにおける 各種リソースの使用状況を監視可能なリソースモニタをリデザイン。仮想マシンの動作等によるホストへの影響等を確認可能に(「Window(ウインドウ)」>「Show Resource Monitor(リソースモニタを表示)」)

Intel AVX-512命令セットのサポート(iMac Pro)

  • iMac Proをホストコンピュータとした環境において、集約的なタスク(人工知能、オーディオ、ビデオのエンコーディング、ハイパフォーマンスコンピューティング等)に有用な「Intel AVX-512」命令セットをサポート(「Canon Lake」でもサポート予定で、SisSoftware Sandraマルチメディアテストにおいて、大幅なパフォーマンス改善を記録)。同命令セットのサポートはデフォルトで有効化されており、比較用途等で これを無効化するためには、 「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」>「Hardware(ハードウェア)」>「Boot Order(ブート順序)」>「Advanced(詳細設定)」>「Boot flags(ブートフラグ)」において「kernel.avx512=0」コマンドを入力する

「Windows 10(ゲストOS)」に向けたメンテナンス機能

  • 「Windows 10 Update」のインストールプロセスが予期せず開始されると、仮想マシンにおいてコンピュータリソースが要求される事となる。同アップデートの意図せぬインストールを回避するために、「Parallels Desktop 14」において、より柔軟なメンテナンス機能が実装された。この機能によって、手動でメンテナンスを開始したり、あるいは定期メンテナンスをスヌーズする事が可能となる(30日以上経過した場合には、通知される事となる)。このメンテナンス機能は「Windows 10(ゲストOS)」において利用可能となっており、デフォルトでは無効化されている。有効化するためには、同ゲストOSが実行中(或いは停止中)である事を確認した後に、「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」>「Options(オプション)」>「Maintenance(メンテナンス)」を通じて、メンテナンスのための適切なスケジュールを設定する

3Dグラフィックスを含むグラフィックス関連の改善

  • OpenGL 3.2互換性プロファイルをサポートし、「Autodesk ReCap 360」「DELFTship」「CTvox」「Farming Simulator 15」「Full Throttle Remastered」「SketchUp 2017」「Trimble point cloud viewer」「Geoscience ANALYST」「AutoSPRINK 18」「OriginLab」「Palette CAD」「Corpus 4 CAD」「Pythagoras」「MegaCAD 3D 2018」等のアプリケーションを ゲストOSにおいて実行可能に
  • 同様に、SolidWorksにおいても 同互換性プロファイルが齎す各種の恩恵を享受する

サウンド関連の改善

  • Windows、Skype for Businessにおいて発生し得たクラック音を、Intel HD Audioサウンドカードのエミュレーションにて解消(Windows 7/8/8.1/10、及び最新のLinuxディストリビューションにて使用可能)。この機能は、シャットダウン状態のWindows/Linuxゲストにおいて、「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」>「Hardware(ハードウェア)」>「Sound(サウンド)」を選択し、「Advanced Settings(詳細設定)」の「Type:」フィールドにおいて「HD Audio」を選択。その後に新規作成された仮想マシンでは、HD Audioサウンドカードが デフォルトとして設定される

Touch Bar(タッチバー)サポートの改善

  • 前版(Ver. 13)において、for Windowsデスクトップ、ブラウザ、ファイルエクスプローラ ダイアログ、及びMicrosoft Officeを構成するアプリケーション等を対象として、MacBook Proに搭載されているTouch Barのサポートが追加された。当版では、新たに OneNote、Visio、Visual Studio、Autodesk Revit、AutoCAD、Quicken、QuickBooks Desktopがサポートされた。また、Touch Barに配置されている「Start(スタート)」メニュー(Windowsゲスト)アイコンを通じて Windowsアプリケーションを起動した場合には、当該アプリケーションを開く前に、「Start」メニューが閉じる事となる

ゲームアプリケーションに向けた改善

  • Windowsゲストにおいて、通常の(ゲーム以外の)アプリケーションとゲームの両方を使用している場合には、修飾キーに関する問題に直面する。ゲームにおける特定のアクションに向けて、「control」「shift」キーを使用したいところですが、それらは通常、単一のキープレスとして機能します。この問題を解決すべく、キーボードに向けて、「Auto-detect for Games」モードが利用可能となりました。このモードが有効で、且つゲームが検出された場合には、キーボード設定は自動的に変更されます。また、通常アプリケーションの使用に戻った場合には、当該アプリケーションに最適化された設定に戻ります。既存の仮想マシンに対して このオプションを使用するためには、「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」>「Hardware(ハードウェア)」>「Mouse & Keyboard(マウスとキーボード)」>「Keyboard(キーボード)」から「Auto-detect for Games(ゲームを自動検出する)」を選択する(新規に作成された仮想マシンでは、このオプションは デフォルトにて設定されている)

ディスクスペースの最適化

  • ディスクのモニタリング機能によって、最大20GBのディスク領域を解放する事が可能に

その他のコンビニエンスな機能

  • ヘルプファイルをクラウドに保存
  • ゲストOSの空き容量が、ホストOSのそれを超えている場合等、ゲストとホストの空き容量に矛盾が生じている場合に、実際の空き容量をWindowsゲストに通知するためのオプションを導入。それに応じてWindowsが強制的にクリーニングルーチンを実行し、状況に応じて適切なダイアログが表示されるべくした改善を適用。制御するためのオプションは、「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」>「Hardware(ハードウェア)」>「Hard Disk(ハードディスク)」>「Advanced(詳細設定)」に位置している。この機能は、Windows NTFSディスクにおいてのみ機能し、既存の仮想マシンにおいては無効化されている(Ver. 14において新規に作成した仮想マシンにおいては、デフォルトにて有効化されている)尚、この機能は、仮想ディスクの制限には影響を及ぼさず、仮に 仮想ディスクのサイズを100GBに設定し、ホストOSで使用可能な容量がそれよりも多い場合には、Windows(ゲストOS)は、100GBのディスクの容量を考慮して 空き容量を報告する事となる
  • 仮想ディスクの容量制限を必要に応じて増やす事が可能に。Windows(ゲストOS)において仮想ディスク(hdd)の空き容量が少なくなり、macOS(ホストOS)で それが十分な状況であれば、ワンクリックにて仮想ディスクの容量を増加させる事が可能に(増加させた後には、仮想マシンの再起動が必要)
  • 複数のスナップショットを一括で削除するために、ペアレントノード、及び紐づいている全てのチャイルドノードを削除するための機能を実装し、コンテキストメニューに当該項目を追加
  • ゲストOS拡張機能「Parallels Tools」のインストール(或いはアップデート)中に、潜在的な問題からWindowsゲストをプロテクトすべくした改善を適用(これらの問題の原因となり得る Windowsのアクションは、インストール(或いはアップデート)が終了するまで利用する事ができなくなる)
  • 各国言語のWindowsにおいて シームレスなタイピング体験を提供すべくして、25種以上のParallelsキーボードレイアウトを、Macのキーボードレイアウトと正確に一致するようにアップデート
  • And many others…

※上記のリストは、「Parallels Desktop 14 for Mac Pro Edition」を対象としていますので、「Standard Edition(通常版)」には実装されない機能も含まれています。

当版におけるシステム要件は、64bitプロセッサを搭載したApple製コンピュータ、ホストOSは「OS X El Capitan(OS X 10.11.6)」以降(「macOS Mojave 10.14」を含む)となっています。Ver. 13にてサポートされていた「OS X Yosemite(OS X 10.10)」は 対象外となりますので御注意下さい(ゲストOSとしてのMac OS X(macOS)のサポートは「Server 10.5」〜「10.14」となります)。また、既知の問題点を含むその他の詳細が、リリースノート、及びPTN(Parallels Technology Network)等を通じて確認可能となっています。