「Parallels Desktop 14(14.0.0)」リリース、「macOS Mojave」をサポート

投稿者: | 2018-08-21

iMac Proホストでは、「Intel AVX-512」命令セットをサポート

Parallels International GmbHより米国時間2018年8月20日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のアップグレードリリースに相当する「Parallels Desktop 14 for Mac 14.0.0 Build 45124(GA版)」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約198.0MB。アプリケーションをアクティベートするために、インターネット接続環境が必要となります)。

米国時間2018年4月10日よりテストリリース(プライベートベータ「pdfm 2018 TP」)が開始されていた当版では、一連のテストリリース(「April Technical Preview 1 Build 44669」~「August Technical Preview 4 Build 45007」)を通じた主な特徴として、以下の項目等が示されています(「13.3.0 Build 43321」からの主な変更点となります)。

サポート対象オペレーティングシステムの追加

  • Appleによる次世代デスクトップオペレーティングシステム「macOS Mojave 10.14」を、ゲストOS、ホストOSとして試験的にサポート(ゲストOSとしては「macOS Mojave」のインストーラ等を通じてインストール可能。インストーラパッケージに含まれる「InstallESD.dmg」を抽出する必要はない)

ユーザインターフェイス関連の改善(ビジュアル、レスポンス、起動時間)

  • 新たなライトインターフェースにフィットすべくして、GUIクライアント(Parallels Desktop.app)、或いは仮想マシンの起動時に表示される スプラッシュスクリーンを再デザイン
  • Dock(macOSホスト)に属するWindowsアプリケーションを対象として、プログレスバーを再デザイン(エクスプローラーを使用して大サイズのファイルをコピーする事によって、その新しい外観を確認する事が可能)
  • 新たなフレームワークの構築、及び種々の微調整の施しにて、非常に洗練され、且つ応答性の高いインターフェイスを実現
  • GUIクライアントの起動ルーチンを改善、及び最適化し、起動時間を短縮
  • ホストコンピュータ再起動後の、GUIクライアント、或いは仮想マシンの起動時間の短縮、及び各種のユーザインターフェイスのパフォーマンスを改善(例えば「Installation Assistant(インストールアシスタント)」を開く時、ユーザインターフェイスでのスクローリング時(フリーシステムの選択時等))、及び「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」におけるパネルの切り替え時等)

Coherence(コヒーレンス)モードのパフォーマンス、及び外部ディスプレイ

  • Coherenceテクノロジにおいて、スピードの向上、及びリソース使用量の低減を実現
  • Retinaディスプレイにおいて、アプリケーションウインドウのボーダー周りに アーチファクトが生じていた問題を修正
  • 実行中の仮想マシンの「View(表示)」メニューにおいて、Coherenceモードを有効化可能に
  • Coherenceモード、及び外部ディスプレイを使用している場合に、「View(表示)」>「Retina Resolution」>「Best for external display」オプションを選択する事によって、仮想グラフィックスシステムにおける負荷が大幅に軽減され、パフォーマンスが大幅に改善される

27インチ iMac Retina 5Kディスプレイ、21.5インチ iMac Retina 4Kディスプレイ、高解像度の外部ディスプレイに対する仮想マシンの出力

  • 4K以上のディスプレイが、更なる需要を集める中、Retinaディスプレイと高解像度モニタを同時に使用した場合に、パフォーマンス関連の問題が生じるケースが確認されていた。しかしながら、Ver. 14における改善にて、Windowsゲストにおける効率性、応答性が向上し、バッテリ寿命の延長とメモリ使用量の低減を実現した(この機能は「macOS High Sierra 10.13(ホストOS)」においてのみ、デフォルトで有効化。この機能を試用するためには、4K/5K iMac、或いは高解像度の外部ディスプレイにおいて、コンソールウインドウの移動、リサイズ、或いはフルスクリーンモードへの切り替え等、通常通りに仮想マシンを使用するだけで良い)

WindowsゲストにおけるCPU使用率の通知

  • コンソールウインドウのタイトルバーにCPUアイコンを配置し。そこから呼び出し可能なパネルを通じて、仮想マシンのパフォーマンスを損なう CPU使用率の高いWindowsアプリケーションを確認可能に
    仮想マシンのCPU使用率
    ↑タイトルバーのCPUアイコンを通じて、仮想マシンのCPU使用率、使用率の高いアプリケーションを確認可能

再設計されたリソースモニタ

  • ホストOSにおける 各種リソースの使用状況を監視可能なリソースモニタを完全にリデザイン。仮想マシンの動作等によるホスト(Macリソース)への影響等を確認可能に(GUIクライアント(Parallels Desktop.app)の「Window(ウインドウ)」>「Show Resource Monitor(リソースモニタを表示)」)からアクセス)

Intel AVX-512命令セットのサポート(iMac Pro)

  • iMac Proをホストコンピュータとした環境において、集約的なタスク(CPUインテンティブな人工知能、オーディオ、ビデオのエンコーディング、ハイパフォーマンスコンピューティング等)に有用な「Intel AVX-512」命令セットをサポート(Xeonプロセッサの各コアに内蔵され、2018年にリリース予定のIntel Core Iシリーズ「Canon Lake」でもサポートされる同命令セットは、SisSoftware Sandraマルチメディアテストにおいて、大幅なパフォーマンス改善を記録)。同命令セットのサポートはデフォルトで有効化されており、比較用途等で これを無効化するためには、 「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」>「Hardware(ハードウェア)」>「Boot Order(ブート順序)」>「Advanced(詳細設定)」>「Boot flags(ブートフラグ)」において「kernel.avx512=0」コマンドを入力する

「Windows 10(ゲストOS)」に向けたメンテナンス機能

  • 「Windows 10 Update」のインストールプロセスが予期せず開始されると、仮想マシンにおいてコンピュータリソースが要求される事となる。同アップデートの意図せぬインストールを回避するために、「Parallels Desktop 14」において、より柔軟なメンテナンス機能が実装された。この機能によって、手動でメンテナンスを開始したり、あるいは定期メンテナンスをスヌーズする事が可能となる(30日以上経過した場合には、通知される事となる)。このメンテナンス機能は「Windows 10(ゲストOS)」において利用可能となっており、デフォルトでは無効化されている。有効化するためには、同ゲストOSが実行中(或いは停止中)である事を確認した後に、「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」>「Options(オプション)」>「Maintenance(メンテナンス)」を通じて、メンテナンスのための適切なスケジュールを設定する

パフォーマンス関連の改善、Windowsゲストに向けた、VRAMの自動割り当て

  • 他のmacOSアプリケーションと同様に、仮想マシンは 実行時にホストコンピュータのメモリ(RAM)を使用する。仮想マシンでは、ゲストOSと複数のアプリケーションを同時に実行する事ができるので、一般的には ホストOSにおいて動作するアプリケーションよりも多くのメモリを必要とする。殆どの場合に、メモリはオペレーションに向けて使用されるが、一部はビデオに向けても使用される。ビデオメモリは、グラフィックスカードに実装されているVRAMだけではなく、仮想マシンでは ビデオに向けた用途でホストコンピュータのメモリを使用する必要がある(複数のモニタを使用している場合には、仮想マシンのビデオメモリとして使用するために、512MB〜1GBのホストメモリを割り当てる必要がある)。Ver. 14では、「Automatic Video Memory(自動ビデオメモリ)」と称される、Windowsゲストにおいてビデオメモリを処理するための 新たなテクノロジを導入した。この機能によって、Windowsゲストが 必要に応じてオペレーティングメモリをビデオメモリとして使用する事が可能となったり(Windowsゲストに割り当てるVRAMの容量を意識する事がなくなる)、ビデオメモリの一部が不要になった場合に、仮想マシンによってロックされなくなったり(Windowsゲストは、アプリケーション、或いはシステムプロセスに向けて、それを再利用する事が可能となる)、ビデオに向けて使用可能な2GB以上のメモリを Windowsゲストに割り当てようとした場合に、仮想マシンに対して8GB以上のシステムメモリを割り当てる事が可能になる等のメリットが生じる事となる。この機能を有効化するためには、「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」>「Hardware(ハードウェア)」>「Graphics(グラフィックス)」において、メモリを「Auto(自動)」に設定し、ゲストOS拡張機能「Parallels Tools」をアップデートする

3Dグラフィックスを含むグラフィックス関連の改善

  • OpenGL 3.2互換性プロファイルをサポートし、「Autodesk ReCap 360」「DELFTship」「CTvox」「Farming Simulator 15」「Full Throttle Remastered」「SketchUp 2017」「Trimble point cloud viewer」「Geoscience ANALYST」「AutoSPRINK 18」「OriginLab」「Palette CAD」「Corpus 4 CAD」「Pythagoras」「MegaCAD 3D 2018」等のアプリケーションを ゲストOSにおいて実行可能に
  • 同様に、SolidWorksにおいても 同互換性プロファイルが齎す各種の恩恵を享受する

サウンド関連の改善

  • Windows、Skype for Businessにおいて発生し得たクラック音を、Intel HD Audioサウンドカードのエミュレーションにて解消(Windows 7/8/8.1/10、及び最新のLinuxディストリビューションにて使用可能)。この機能は、シャットダウン状態のWindows/Linuxゲストにおいて、「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」>「Hardware(ハードウェア)」>「Sound(サウンド)」を選択し、「Advanced Settings(詳細設定)」の「Type:」フィールドにおいて「HD Audio」を選択。その後に新規作成された仮想マシンでは、HD Audioサウンドカードが デフォルトとして設定される

Touch Bar(タッチバー)サポートの改善

  • 前版(Ver. 13)において、Windowsデスクトップ、ブラウザ、ファイルエクスプローラ ダイアログ、及びMicrosoft Officeを構成するアプリケーション等を対象として、MacBook Proに搭載されているTouch Barのサポートが追加された。当版では、新たに OneNote、Visio、Visual Studio、Autodesk Revit、AutoCAD、Quicken、QuickBooks Desktopがサポートされた。また、Dockに属するWindowsアイコンをクリックした場合には Windowsゲストの「Start(スタート)」メニューが表示され、Touch Barに配置されているスタートメニューのアイコンを通じて、Windowsタスクバーに固定されているアプリケーションを起動した場合には その起動を検出し、当該アプリケーションが開く前に同メニューを閉じる事となる
  • Touch Barに対して、3Dデザイン(モデリング)ソフトウェア「SketchUp」に向けたアクションを追加

ゲームアプリケーションに向けた改善

  • Windowsゲストにおいて、通常の(ゲーム以外の)アプリケーションとゲームの両方を使用している場合には、修飾キーに関する問題に直面する。ゲームにおける特定のアクションに向けて、「control」或いは「shift」キーを使用したいところですが、それらは通常、単一のキープレスとして機能します。この問題を解決すべく、キーボードに向けて、「Auto-detect for Games」モードが利用可能となりました。このモードが有効で、且つゲームが検出された場合には、キーボード設定は自動的に変更されます。また、通常アプリケーションの使用に戻った場合には、当該アプリケーションに最適化された設定に戻ります。既存の仮想マシンに対して このオプションを使用するためには、「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」>「Hardware(ハードウェア)」>「Mouse & Keyboard(マウスとキーボード)」>「Keyboard(キーボード)」から「Auto-detect for Games(ゲームを自動検出する)」を選択する(新規に作成された仮想マシンでは、このオプションは デフォルトにて設定されている)

ディスクスペースの最適化

  • Windows 8、Windows 10(何れもゲストOS)を対象として、消費する仮想ディスク容量の最適化を実現。新規インストール時には、自動的に最適化され、ディスクのモニタリング機能によって、最大20GBのディスク領域を解放する事が可能に(仮想マシンに向けた特定の操作で、多くのディスク容量を節約できる場合には、Parallels Desktopから通知が発せられる。その後、後述する「Free Up Disk Space」にてステップがガイドされ、仮想マシンによって占有されるディスク領域と保存可能な領域が表示される(ユーザの任意によって、バックグラウンドにおいて自動的にスケージューリング可能)

幾つかの仮想マシンに向けた「Free Up Disk Space(ディスクスペースの解放)」ダイアログ

  • ダイアログ(Reclaim Disk Space…)は、仮想マシンのシャットダウン後に、「Control Center(コントロールセンター)」のコンテキストメニュー、或いはGUIコンソール(Parallels Desktop.app)の「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」>「General(全般)」タブ、仮想マシンプロセス(prl_vm_app)の「File(ファイル)」メニューから呼び出し

NVMeタイプの仮想ディスクのサポート

  • SATAの置き換えを担うべくした次世代のインターフェイス規格「NVMe(NVM Express(Non-Volatile Memory Express))」コントローラのエミュエーションをサポート(仮想ディスクのパフォーマンス、安定性の改善、及び同規格のリサーチ等を主目的としており、既存の仮想マシンのディスクアダプタタイプを変更するのではなく、新規に作成した仮想マシン(Windows10(ゲストOS))において選択するように呼びかけられています)。NVMe仮想ディスクを試すためには、「Windows 10(ゲストOS)」に向けた新たな仮想マシンを作成し、「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」において、当該ハードディスク(仮想ディスク)のロケーション(「Hardware(ハードウェア)」>「Hard Disk(ハードディスク)」>「Advanced Settings(詳細設定)」)が、NVMeである事を再確認する

マルチディスプレイ(マルチモニタモード)

  • フルスクリーンモードにおいて、全てのディスプレイにWindowsゲストを表示する事が可能となった。「System Preferences(システム環境設定)」>「Mission Control」>「Displays have separate Spaces(別のスペースを表示する)」が無効になっている場合に、追加のスペース、及びブラックスクリーンの代わりに、仮想マシンの出力を、両方のディスプレイに同時に表示させる事が可能に。同設定が有効になっている場合は、それらの何れかを切り替えて、全てのディスプレイをmacOS(ホストOS)に戻す事ができる

日本語キーボードのサポート

  • JIS(Japanese Industrial Standards、日本工業規格)キーボードを適切にサポート。macOSゲストにおいて、かな切り替え、或いは「@」「[」等の文字入力が機能していなかったが、当版における改善にて、JISキーボードは Windowsゲスト、macOSゲストにおいて正しく認識され、前記の文字入力が適切に機能するようになった

その他のコンビニエンスな機能

  • ヘルプファイルをクラウドに保存
  • ゲストOSの空き容量が、ホストOSのそれを超えている場合等、ゲストとホストの空き容量に矛盾が生じている場合に、実際の空き容量をWindowsゲストに通知するためのオプションを導入。それに応じてWindowsが強制的にクリーニングルーチンを実行し、状況に応じて適切なダイアログが表示されるべくした改善を適用。制御するためのオプションは、「Virtual Machine Configuration(仮想マシン構成)」>「Hardware(ハードウェア)」>「Hard Disk(ハードディスク)」>「Advanced(詳細設定)」に位置している。この機能は、Windows NTFSディスクにおいてのみ機能し、既存の仮想マシンにおいては無効化されている(Ver. 14において新規に作成した仮想マシンにおいては、デフォルトにて有効化されている)尚、この機能は、仮想ディスクの制限には影響を及ぼさず、仮に 仮想ディスクのサイズを100GBに設定し、ホストOSで使用可能な容量がそれよりも多い場合には、Windows(ゲストOS)は、100GBのディスクの容量を考慮して 空き容量を報告する事となる
  • 仮想ディスクの容量制限を必要に応じて増やす事が可能に。Windows(ゲストOS)において仮想ディスク(.hdd)の空き容量が少なくなり、macOS(ホストOS)で それが十分な状況であれば、ワンクリックにて仮想ディスクの容量を増加させる事が可能に(増加させた後には、仮想マシンの再起動が必要)
  • 複数のスナップショットを一括で削除するために、ペアレントノード、及び紐づいている全てのチャイルドノードを削除するための機能を実装し、コンテキストメニューに当該項目を追加
  • ゲストOS拡張機能「Parallels Tools」のインストール(或いはアップデート)中に、潜在的な問題からWindowsゲストをプロテクトすべくした改善を適用(これらの問題の原因となり得る Windowsのアクションは、インストール(或いはアップデート)が終了するまで利用する事ができなくなる)
  • 各国言語のWindowsにおいて シームレスなタイピング体験を提供すべくして、25種以上のParallelsキーボードレイアウトを、Macのキーボードレイアウトと正確に一致するようにアップデート
  • And many others…

※上記のリストは、「Parallels Desktop 14 for Mac Pro Edition」を対象としていますので、「Standard Edition(通常版)」には実装されない機能も含まれています。尚、Ver. 14にて作成された仮想マシンは、旧版の「Parallels Desktop for Mac」とは互換性がありません(例えば、Ver. 14にてサスペンドされた仮想マシンは、Ver. 13以前でレジュームする事はできません)。特に旧版で作成した仮想マシンをアップグレードする場合には御注意下さい。

当版におけるシステム要件は、64bitプロセッサを搭載したApple製コンピュータ、ホストOSは「OS X El Capitan(OS X 10.11.6)」以降(「macOS Mojave 10.14」を含む)となっています。Ver. 13にてサポートされていた「OS X Yosemite(OS X 10.10)」は、対象外となりますので御注意下さい(ゲストOSとしてのMac OS X(macOS)のサポートは「Server 10.5」〜「10.14」となります)。また、既知の問題点を含む その他の詳細が、リリースノート、PTN(Parallels Technology Network)等を通じて確認可能となっています。