「Parallels Desktop for Chrome OS 1.0.6」リリース、AMD Ryzenをサポート

スポンサーリンク

Corel CorporationグループのParallels International GmbHより米国時間2021年4月21日、Chrome OSベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Chrome OS Enterprise and Education Edition」のアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop for Chrome OS Enterprise and Education Edition 1.0.6(Parallels Desktop for Chrome OS Enterprise and Education Edition 1 Update 0 Hotfix 6)」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデーター(Desktopメニュー>「Check for Updates…(更新をチェック…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリーパッケージが入手可能となっています。

製品名を「Parallels Desktop for Chrome OS Enterprise and Education Edition」にリブランド

Ver. 1を対象としたアップデートリリースとして位置付けられている当版では、全般的な安定性改善、パフォーマンス改善、バグフィックス、セキュリティアップデート等が行われており、前版(「1.0.5」)からの主な変更点として、以下の項目等が示されています。

  • Chromebookのみならず、ChromeBoxも対象システムとしてサポートしている現状を鑑みて、製品名を「Parallels Desktop for Chromebook Enterprise」から「Parallels Desktop for Chrome OS Enterprise and Education Edition」にリブランド
  • カメラとマイクが、フル機能の会議を可能にするWindowsアプリケーション(Zoom、GoToMeeting、Cisco Webex等のデスクトップクライアント)によって使用可能に

サポート対象デバイスの追加

当版では、新たに以下のデバイスをサポートしています(「AMD Ryzen 5」「AMD Ryzen 7」プロセッサーを実装するデバイスを含む)

AMDベースのChrome OSデバイス

  • HP Pro c645 Chromebook Enterprise
  • Lenovo ThinkPad C13 Yoga Chromebook
  • Acer Chromebook Spin 514

IntelベースのChrome OSデバイス

  • Acer Chromebook 714
  • Acer Chromebook 715
  • Acer Chromebox CXI4
  • ASUS Chromebook Flip CM5
  • ASUS Fanless Chromebox
  • ASUS Chromebox 4

当版におけるシステム要件は、「Intel Core i5」「Intel Core i7」「AMD Ryzen 5」「AMD Ryzen 7」プロセッサーを搭載したコンピューター、ホストOSは「Chrome OS 90」となっています。Ver. 1.0.5にてサポートされていた「Chrome OS 89」は 対象外となりますので御注意下さい(セットアップ時に「Google Admin console」が必要となります)。また、既知の問題点を含む その他の詳細が、リリースノート、PTN(Parallels Technology Network)等を通じて確認可能となっています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA