「Parallels Desktop for Mac App Store Edition 1.8(1.8.0)」リリース、ProMotionディスプレイに対応

Corel CorporationグループのParallels International GmbHより米国時間2022年10月12日、macOSベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac App Store Edition」のアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop for Mac App Store Edition 1.8.0 Build 23810」がリリースされ、現在Mac App Storeを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリーパッケージが入手可能となっています。

アプリケーション内のオファーを通じて、「Windows 11(ゲストOS)」をダウンロード、インストール可能に

Ver. 1を対象としたアップデートリリースとして位置付けられ、「Parallels Desktop 18.0.0」をベースとする当版では、機能の追加、全般的な安定性改善、パフォーマンス改善、バグフィックス、セキュリティアップデート等が行われています。

前版(Parallels Desktop for Mac App Store Edition 1.7.3)からの主な変更点は、「Parallels Desktop 18.0.0」リリース時と同じ項目がリストされていますので、リリースノートを翻訳した前記のポストを御参照下さい。

「Windows 8.1」以前をサポートする最後の版に

MicrosoftがレガシーなWindows OS(「Windows 2000」「Windows XP」「Windows Vista」「Windows 7」「Windows 8」「Windows 8.1」)のドライバー署名のサポートを停止したために、これらのOSのメンテナンス、及びセキュリティアップデートを受ける事ができなくなりました。

結果として「Parallels Desktop for Mac App Store Edition 1.8.0」は、前記のレガシーなWindowsに対して ゲストOS拡張機能「Parallels Tools」を提供する最後の版となります。

「Parallels Tools」をインストールしなくても、前記のレガシーなWindows(ゲストOS)をインストールして実行する事は可能ですが、Windows(ゲストOS)の自動インストール、Coherence(コヒーレンス)モード、グラフィックス、及びゲームアプリケーションのアクセラレーション、幾つかの共有、統合機能(共有フォルダー、共有アプリケーション、共有プロファイル等)が適切に機能しない(或いは満足のいくパフォーマンスを得る事ができない)状態になる事が想定されます。

システム要件について

当版におけるシステム要件は、64bitプロセッサーを搭載したApple製コンピューター、ホストOSは「macOS Big Sur(macOS 11.1)」以降となっています。Ver. 1.7にてサポートされていた「macOS Mojave(macOS 10.14)」「macOS Catalina(macOS 10.15)」は 対象外となりますので御注意下さい(ゲストOSとしてのMac OS X(macOS)のサポートは「Server 10.5」〜「12」となります)。また、既知の問題点を含む その他の詳細が、リリースノート、PTN(Parallels Technology Network)等を通じて確認可能となっています。

「macOS Ventura」への対応について

App Storeでは、GA版としてリリースされていないプロダクトに関する言及が禁止されているため、Appleによる次世代デスクトップオペレーティングシステム「macOS Ventura(macOS 13)」に関する記述がありませんが、「Parallels Desktop 18」と同様に、当版においても ゲストOS、ホストOSとしての試験的なサポートが進められていると予想されます。