「VMware Fusion 11.5.2」リリース、macOSゲストとの互換性を改善

リモート仮想マシンにおける、キーボード、マウス入力の問題等も修正

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2020年3月12日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップデートリリースに相当する「VMware Fusion 11.5.2 Build 15794494」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「VMware Fusion」>「Check for Updates…(更新の確認…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約544.00MB)。

「Parallels Desktop 15.1.3」リリース、「Windows 10 Insider Preview 20H1」に対応

「RHEL 8.1」もインストール実行可能に

Corel CorporationグループのParallels International GmbHより米国時間2020年3月10日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」のアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop 15 for Mac 15.1.3 Build 47255(Parallels Desktop 15 Update 1 Hotfix 3)」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「Parallels Desktop」>「Check for Updates…(更新をチェック…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約201.0MB)。

「VirtualBox 6.1.4」リリース、「macOS Catalina 10.15.2」との互換性を改善

「Linux Kernel 5.5(ゲストOS)」のサポートも

Oracle Corporationより米国時間2020年2月19日、マルチプラットフォームに対応した オープンソースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Oracle VM VirtualBox」のアップデートリリースに相当する「Oracle VM VirtualBox 6.1.4 Build 136177(VirtualBox 6.1 Maintenance Release 4)」がリリースされ、現在コミュニティサイト、及びOracleによる公式ダウンロードページを通じて、macOS、Windows、Linux、Solarisを対象としたバイナリパッケージ、ソースコード、SDK(Software Development Kit)、PUEL(VirtualBox Personal Use and Evaluation License)に準拠したエクステンションパック(Oracle VM VirtualBox Extension Pack)が入手可能となっています(Mac OS X版 dmg 約124.0MB。バイナリとソースコードには、ライセンスとしてGPLv2(GNU General Public License Version 2)が適用されています)。

「prefers-color-scheme(CSS)」による、Webサイトのダークモード

Webブラウザのコンテンツ部分を、ホストOSのテーマと同期させて制御する、CSSのメディア特性

Appleが「macOS Mojave 10.14」より新たに導入し、「iOS 13」「Windows 10」等においても追従したダークモードは、高い視認性や省電力性等の機能性から、一つのアピアランスの枠を超えて多様な広がりを見せており、Webブラウザにおいても、デスクトップ版では「Google Chrome 76」「Mozilla Firefox 67」「Safari 12.1」、モバイル版では「Android webview 76」「Google Chrome 76」「Mozilla Firefox 67」「Safari for iOS 13」(各々、それ以降の版)において、CSSのメディアクエリ「prefers-color-scheme」に対応しています(最初の実装は、米国時間2018年11月7日付にてリリースされた「Safari Technology Preview 69」)。

カテゴリー: Web

「Parallels Desktop 15」のLinuxゲストのサポート

「Parallels Tools」不要にて、マウス統合、動的解像度が機能

macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac」を対象としたアップグレードリリースとして、米国時間2019年8月12日付にてGAリリースを迎えている「Parallels Desktop 15 for Mac」ですが、同版では Linux(ゲストOS)に対するサポートが改善されています。

「Parallels Desktop for Mac App Store Edition 1.5(1.5.0)」リリース、「macOS Catalina」をサポート

Parallelsアカウントの作成に「Sign in with Apple」を利用可能に

Corel CorporationグループのParallels International GmbHより米国時間2019年1月21日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop for Mac App Store Edition」のアップデートリリースに相当する「Parallels Desktop for Mac App Store Edition 1.5.0 Build 20116」がリリースされ、現在Mac App Storeを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(app 約190.2MB)。

「VMware Workstation Tech Preview 20H1」リリース

Windows Hypervisor Platformをサポートし、Hyper-Vと共存可能に

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2020年1月21日、開発過程にある 次世代デスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Workstation Tech Preview(for Windows)」の最新プレビュー版(パブリックベータ「Workstation 2020 TP(January)」)に相当する「VMware Workstation Pro Tech Preview 20H1 Build 15488306(e.x.p. 15488306 Jun)」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページを通じて、英語版のバイナリパッケージが入手可能となっています(exe 約558.01MB。当版は、現時点では開発過程にあるプレビュー版に相当します。何れの機能も正式なサポートを受ける事はできませんので、試用する場合には御注意下さい。バージョン表記は、現時点では暫定的に付されているものです。今後の開発過程において、正式なバージョン番号が決定されます)。

「Parallels Toolbox 3.8(3.8.0)」リリース

「Download Video(ビデオダウンロード)」に向けて、サジェスト機能を追加

Parallels International GmbHより米国時間2020年1月16日、macOS(OS X)ベースのユーティリティパッケージ「Parallels Toolbox for Mac」のアップデートリリースに相当する「Parallels Toolbox 3 for Mac 3.8.0 Build 2857」がリリースされ、現在Parallelsによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(Toolboxメニュー>「Check for Updates…(更新をチェック…)」)を通じてを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約53.8MB)。

「VMware Fusion Tech Preview 20H1」リリース、「Project Nautilus」を導入

複数のコンテナ、仮想マシン、Kubernetesクラスタを展開可能に

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2020年1月21日、開発過程にある 次世代デスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion Tech Preview(for macOS)」の最新プレビュー版(パブリックベータ「Fusion 2020 TP(January)」)に相当する「VMware Fusion Tech Preview 20H1 Build 15468164(e.x.p. 15468164 Jun)」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページを通じて、英語版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約633.01MB。当版は、現時点では開発過程にあるプレビュー版に相当します。何れの機能も正式なサポートを受ける事はできませんので、試用する場合には御注意下さい。バージョン表記は、現時点では暫定的に付されているものです。今後の開発過程において、正式なバージョン番号が決定されます)。

「VirtualBox 6.1.2」リリース、「Linux Kernel 5.5」をサポート

virtio-SCSI、QCOW2に対するサポートの強化も

Oracle Corporationより米国時間2020年1月14日、マルチプラットフォームに対応した オープンソースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Oracle VM VirtualBox」のアップデートリリースに相当する「Oracle VM VirtualBox 6.1.2 Build 135662(VirtualBox 6.1 Maintenance Release 2)」がリリースされ、現在コミュニティサイト、及びOracleによる公式ダウンロードページを通じて、macOS、Windows、Linux、Solarisを対象としたバイナリパッケージ、ソースコード、SDK(Software Development Kit)、PUEL(VirtualBox Personal Use and Evaluation License)に準拠したエクステンションパック(Oracle VM VirtualBox Extension Pack)が入手可能となっています(Mac OS X版 dmg 約123.0MB。バイナリとソースコードには、ライセンスとしてGPLv2(GNU General Public License Version 2)が適用されています)。