「Veertu Desktop」、Linuxゲスト Macホスト間でコピーアンドペースト

試験的な取り組みながら、Linuxゲスト、OS Xホスト間において、コピーアンドペーストを実現

米国時間2016年10月26日より、新たにGPLv2(GNU General Public License Version 2)に準処したオープンソースソフトウェアとしてリブランドされている、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Veertu Desktop」ですが、同仮想化ソフトウェアにおいて、Linux(ゲストOS)、macOS(ホストOS)間でのコピーアンドペースト機能の試験的な取り組みが報告されています。サポートの現状等が、米国時間2016年11月11日付の公式Twitter等を通じてアナウンスされていますので、当エントリではその内容等を簡単に纏めてみたいと思います。

「VMware Workstation 12.5.1」リリース、「RHEL 6.8」との互換性を改善

「RHEL 6.8(ホストOS)」との互換性改善等を含む メンテナンスアップデート

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2016年10月27日、Windows/Linuxベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Workstation」のアップデートリリースに相当する「VMware Workstation 12.5.1 Pro Build 4542065」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「Help(ヘルプ)」>「Software Updates(ソフトウェアの更新を今すぐ確認)」)を通じて、Windows、Linuxを対象とした、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(Windows版(exe)約304MB、Linux 64bit版(bundle)約357MB。Ver. 12.xユーザは無償にてアップデート可能となっています)。

「Ubuntu 16.10」を「Parallels Desktop 12」にインストール

「Parallels Tools(for Linux)」は、GUIでもインストール可能

CanonicalによるLinuxディストリビューション「Ubuntu 16.10(開発コードネーム「Yakkety Yak」)」が、英国時間2016年10月13日付にてGAリリースを迎え、現在Ubuntu Foundationによる公式ダウンロードページを通じて、x86-64(AMD64)を対象としたisoイメージが入手可能となっています。今回は、同オペレーティングシステムを macOS(Mac OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Parallels Desktop 12 for Mac」にゲストOSとしてインストールしてみましたので、そのプロセス等を簡単に纏めてみたいと思います。

「Veertu Desktop 1.2」、オープンソースでリリース

ブリッジネットワーク、USBをサポートし、Mac App Storeから撤退

Veertu Incより米国時間2016年10月26日、公式ブログ、Twitter等を通じて、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Veertu」を、オープンソースソフトウェア「Veertu Desktop」としてリブランドした旨が発表され、現在Veertuによる公式サイトを通じて英語版のバイナリパッケージが、GitHubを通じて GPLv2(GNU General Public License Version 2)に準処したソースコードが入手可能となっています(dmg 約13.8MB)。

「VMware Fusion 8.5.1」リリース、「macOS Sierra」との互換性を改善 etc…

「macOS Sierra」との互換性改善等を含む メンテナンスアップデート

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2016年10月27日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップデートリリースに相当する「VMware Fusion 8.5.1 Build 4543325」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「VMware Fusion」>「Check for Updates…(更新の確認…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約368MB)。

「VirtualBox 5.1.8」リリース、NVMeの修正 etc…

「Windows 10 IP Build 14901(ホストOS)」との互換性改善も

Oracle Corporationより米国時間2016年10月18日、マルチプラットフォームに対応した オープンソースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Oracle VM VirtualBox」のアップデートリリースに相当する「Oracle VM VirtualBox 5.1.8 Build 111374(VirtualBox 5.1 Maintenance Release 8)」がリリースされ、現在コミュニティサイト、Oracleによる公式ダウンロードページを通じて、OS X、Windows、Linux、Solarisを対象としたバイナリパッケージ、ソースコード、SDK(Software Development Kit)、PUEL(VirtualBox Personal Use and Evaluation License)に準拠したエクステンションパック(Oracle VM VirtualBox Extension Pack)が入手可能となっています(Mac OS X版 dmg 約90.0MB。バイナリとソースコードには、ライセンスとしてGPLv2(GNU General Public License Version 2)が適用されています)。

Parallels仮想マシンを Veertu仮想マシンとしてインポート

Parallels PVMを Veertu仮想マシンにコンバート

米Veertu IncによるmacOS(Mac OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Veertu」は、以国時間2016年2月10日付にてリリースされたアップデート相当のVer. 1.0.5より、各種仮想マシンイメージからのインポート機能が実装されています。当エントリでは、同機能を利用した Parallels仮想マシンからVeertu仮想マシンへのインポートプロセスの概要等を簡単に纏めてみたいと思います。

「Ubuntu 16.10 Yakkety Yak(GA版)」リリース

「Linux Kernel 4.8」「Unity 8」等を採用し、Ubuntu GNOME等の公式フレーバーも

Canonical支援のUbuntu Foundationより英国時間2016年10月13日、Linuxディストリビューション「Ubuntu」の最新レギュラーリリースに相当する「Ubuntu 16.10(Yakkety Yak、GA版)」がリリースされ、現在Ubuntu Foundationによる公式ダウンロードページを通じて、x86-64(AMD64)を対象としたisoイメージが入手可能となっています(iso 約1.5GB。Intel x86(i386)版は、FTPサイトから入手可能。インストールCDが、そのままLive CDとして利用可能となっています)。

投稿日:
カテゴリー: Linux タグ:

「VMware Workstation 12.5 (12.5.0)」リリース、「Windows 10 AU」をサポート

「Windows Server 2016」「Windows 10 Anniversary Update」をサポート

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2016年9月13日、Windows/Linuxベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Workstation」のアップデートリリースに相当する「VMware Workstation 12.5.0 Pro Build 4352439(GA版)」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページを通じて、Windows、Linuxを対象とした、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(Windows版(exe)約304MB、Linux 64bit版(bundle)約357MB。Ver. 12からは、無償にてアップデート可能となっています)。

「VMware Fusion 8.5(8.5.0)」リリース、「macOS Sierra」をサポート

ネイティブタブやSiriに対応し、「Windows 10 Anniversary Update」もサポート

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2016年9月13日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップデートリリースに相当する「VMware Fusion 8.5.0 Build 4352717(GA版)」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含する マルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約368MB。Ver. 8からは、無償にてアップデート可能となっています)。