「Linux Mint 18.1 Serena(GA版)」リリース

スポンサーリンク

愛Linux Mint teamより現地時間2016年12月16日、Linuxディストリビューション「Linux Mint 18」のセカンドリリースに相当する「Linux Mint 18.1(Serena、GA版)」がリリースされ、現在同チームによる公式ダウンロードページを通じて、x86-64、Intel x86(i386)を対象としたisoイメージが入手可能となっています(x86-64(Cinnamon) 約1.7GB。アーキテクチャー、デスクトップ環境別に4種のエディションが提供されており、インストールCDが そのままLive CDとして利用可能となっています)。

Cinnamon Editionでは、Unityライクな垂直パネルが選択可能

開発コードネーム「Serena」として「Ubuntu 16.04 LTS(Xenial Xerus)」をベースとする当版では、Linuxカーネルとして「Linux Kernel 4.4」、X.Org Serverとして「X.Org Server 1.18.4」が実装されている他、デフォルトのデスクトップ環境として「Cinnamon 3.2」「MATE 1.16.1」「KDE Plasma 5.8.4」「Xfce 4.12」、ファイルマネージャーとして「Nemo 3.2.2」、WebブラウザーとしてMozilla Foundationによる「Firefox 50.0.2」、メールクライアントとして「Thunderbird 45.5.1」、オフィススイートとしてThe Document Foundationによる「LibreOffice 5.1.4」、ラスターグラフィックスソフトウェアとして「GIMP 2.8.16(GNU Image Manipulation Program 2.8.16)」が各々実装されています(LTS(Long Term Support)としてリリースされている当版では、2021年までのサポート期間(セキュリティアップデート等)が設けられています)。

Cinnamon Edition

「Cinnamon 3.2」が実装された当エディションでは、Unityライクな垂直パネルが選択可能となっている他、メインパネルのコンポーネントから吹き出し部が削除され、完全にスクエアなデザインとなっています。

MATE Edition

「MATE 1.16.1」が実装された当エディションでは、MintMenu(アプリケーションメニュー)におけるサーチエンジンが「DuckDuckGo」から「Google CSE(Google Custom Search Engine)」に置き換わっています。

「Linux Mint 18.1」on「VMware Fusion 8.5.3」
↑「Linux Mint 18.1(Serena、ゲストOS)」on「VMware Fusion 8.5.3 Build 4696910」on「macOS Sierra 10.12.2(ホストOS)」

今後のロードマップ、Debian Edition

2018年までは「Ubuntu 16.04 LTS(Xenial Xerus)」をベースとしたVer. 18をアップデートし、2019年よりリリース予定のVer. 19より、ベースシステムを「Ubuntu 18.04 LTS」に切り替えます。

尚、Linux Mint teamからは Debianをベースとした「LMDE(Linux Mint Debian Edition)」も提供されており、こちらは英国時間2015年4月10日付にてリリースされた「LMDE 2 Betsy(Linux Mint Debian Edition 2 Betsy)」が、現時点における最新版となっています(ISOイメージは継続的にアップデートされています)。