Intelベースの「MacBook Pro」「iMac」が発表

投稿者: | 2006-01-11

ノート型は リブランドされて「MacBook Pro」に

米国時間2006年1月10日より、カリフォルニア州サンフランシスコ(Moscone Center)にて開催される「Macworld Conference & Expo 2006」。オープニングを飾るSteve Jobs, CEO(スティーブ・ジョブズ会長兼CEO)による基調講演(キーノートスピーチ)では、Intel Mac(MacBook Pro, iMac)を筆頭に ソフトウェアも含めた複数の製品発表が行われたようです。現時点では未確認な不明点も多い状況ではありますが、当エントリでは プロシューマ向けのハイエンドノートPC「PowerBook G4」の後継と目され、装いも新たにリブランドされた「MacBook Pro」を中心に その概要等を簡単に纏めてみたいと思います(当エントリ投稿時点において、詳細が不明な点も多いのですが、まずは速報という形で概要をお届けします。情報が更新され次第、随時追記、編集等を行っていきたいと思います)。

PowerPCの終焉と共に、伝統の「PowerBook」ブランドにも終止符が打たれた事となりますが(後発で発表されるであろう、PowerMac後継のデスクトップ機種は「Mac Pro」でしょうか?)、リプレイスされた「MacBook Pro」において、(Appleの公式サイトを見る限りでは)外観上での基本デザインの変更はなさそうです。

現時点で確認する事が可能な主な特徴をリストアップしてみますと、

  • CPUとして、2MBのオンチップ共有2次キャッシュ(L2キャッシュ)を備えたデュアルコアプロセッサ「Intel Core Duo(コードネーム「Yonah」)」を搭載(チップセットもIntel製を採用)。クロック周波数は 1.83GHz、1.67GHzから選択可能で、FSB(フロントサイドバス)は667MHz。本体プロセッサとして、x86系を採用して販売するのは Appleとして初となる
  • 液晶カラーディスプレイのサイズは、15.4インチ(「PowerBook G4 15inch(15.2inch)」より0.2インチのサイズアップ)。iSightカメラを搭載した事によって上部のベゼル幅が若干広くなり、その分 縦方向の画面解像度が60ドット減少(1,440×900ピクセル)。PowerBook G4との比較にて、67%の輝度向上を実現(スペック上は300カンデラ。30インチのCinema Displayと同等)し、液晶中央下部には「MacBook Pro」のロゴ
  • メインメモリ(RAM)として、1.83GHzモデルにて 1GB(シングルSODIMM)、1.67GHzモデルにて 512MB(シングルSODIMM)の「DDR2(PC2-5300) 667MHz」を標準搭載(DDR2 SDRAM)。2基のSODIMMスロットを搭載し、最大2GBまで増設可能
  • ハードディスクドライブとして、1.83GHzモデルで100GB(5400rpm)Serial ATA HDD、1.67GHzモデルで80GB(5400rpm)Serial ATA HDDを標準搭載
  • 光学式ドライブとして、DVD±R/±RW(4倍速)、CD-R(24倍速)、CD-RW(10倍速)に対応したSuperDrive(スロットローディング方式のスーパードライブ)を搭載
  • GPUとして「ATI Mobility Radeon X1600(1.83GHzモデルで256MB SDDR3、1.67GHzモデルで128MB GDDR3のVRAM)」を搭載。 Dual Link DVI(デュアルリンクDVI)接続をサポートし、Apple Cinema HD Display 30インチとも接続可能
  • ネットワークインターフェイスとして、AirMac Extreme、Bluetooth 2.0+EDR(Enhanced Data Rate)、10/100/1000BASE-Tに対応したGigabit Ethernetを標準装備(RJ-45コネクタ)
  • インターフェイスとして、1基の「FireWire 400」、2基の「USB 2.0 Hi-Speed」ポート、及び「ExpressCard/34」スロットを搭載(「FireWire 800」は廃止)
  • フルサイズの高輝度バックライトキーボード(環境光センサーで自動的にバックライト点灯)を搭載し、緊急モーションセンサにも対応
  • 液晶ディスプレイの上部中央にiSightカメラを内蔵。また、同カメラと連動し、様々なエフェクトをリアルタイムに適用し、ビデオチャットにも利用可能な「Photo Booth」ソフトウェアをバンドル
  • iPod shuffleを彷彿させる外観の赤外線リモートコントローラ「Apple Remote(アップルリモート)」を同梱(受光部は タッチパッドの左下)。また、同コントローラによって制御可能なメディアランチャ「Front Row(フロントロウ)」を標準搭載。Apple Remoteは、iTunesやiPhoto等、iLifeアプリケーションも操作可能
  • バッテリー駆動時間は、17インチモデルにて最長5.5時間、15インチにて最長4.5時間
  • 磁力によって接続可能とするACコネクタ「MagSafe」を新搭載(電気ポットのように、強めに力を入れるとコードが外れる)
  • 「Mac OS X 10.4 Tiger(Mac OS X 10.4.4(Intel))」「iLife ’06(新たに発表されたWebオーサリングツール「iWeb」を含む)」等をプリインストール。バンドルアプリケーションは全てUniversal Binary(ユニバーサルバイナリ)にて提供されており、Intelプロセッサにネイティブ対応
  • 重量は2.54kg、厚さは259mm。モデムは オプション扱いに

Apple Computerによるノート型において、初のデュアルコアCPUとして採用されたのは、開発コードネーム「Yonah」で認知されていた Intelプラットフォームの「Intel Core Duo」プロセッサ。「PowerBook G4」とのベンチマークでの比較で4倍高速と謳われている処理能力や、1GBのRAM容量の標準搭載等が 非常に魅力的に映ります。iSightカメラ、Photo Booth、Apple Remote、Front Rowの搭載は、昨今の流れに追従した形でしょうか。

「FireWire 800」は非搭載

PCI Express接続のグラフィックスカードやSerial ATA接続のハードディスクドライブ等といった既存のG5アーキテクチャの採用はあるものの、一方では「FireWire 800(IEEE 1394b-2002)」の非搭載が 規格自体の先細りを予感させます。チップセットのコストが下がらず、PC業界での普及が進まない(結果として周辺機器が充実しない)。この流れなかでの、規格自体の推奨者であるAppleの今回の措置は、「FireWire 400」の今後の行方にも大きく影響してきそうな予感がします。

歴史的なターニングポイントに相応しい、デザイン的なインパクトも欲しかったのが正直な感想ですが、それだけ「PowerBook G4」のトータルでの完成度が高かったという事でしょうか。出荷予定は2月以降と伝えられていますが、オンラインのApple Storeでは 既に予約を受け付けています(国内価格は、1.83GHzモデルがが309,800円、1.67GHzモデルが249,800円)。

尚、「PowerBook G4」も 現時点では引き続き存続しているので、今暫く(主要なソフトウェアが出揃うまで?)は並行販売が行われ、継続提供される事となりそうです。

「iMac G5」よりも「2倍高速」なIntel iMac

Intelプロセッサを搭載したモデルにリプレースされた「iMac」に関しては、20インチと17インチの2モデルがラインアップされ、CPUには各々2Ghz、1.83GHzの「Intel Core Duo」、GPUは何れも「ATI Mobility Radeon X1600(VRAM 128MB)が搭載されています(価格は据え置きとされ、Apple Storeでの出荷予定日は2~4営業日となっています)。