「High Sierra Beta」と「VMware Fusion 8.5」

投稿者: | 2017-06-18

現時点で、APFS(Apple File System)には非対応

世界開発者会議「WWDC 2017(Worldwide Developers Conference 2017)」において発表され、ファイルシステム「APFS(Apple File System)」、グラフィックスAPI「Metal 2」の実装等が予定される、Appleによる次世代デスクトップオペレーティングシステム「macOS High Sierra 10.13」ですが、米国時間2017年6月12日付にて公開されたVMware Fusion Blog(公式ブログ)を通じて、同OSのBeta版を「VMware Fusion 8.5」にゲストOSとしてインストールするためのプラクティカルガイド(テストドライブ)が公開されていますので、その内容等を簡単に纏めてみたいと思います。

新規インストールか、アップグレードインストールか

開発サイドからは、既存のmacOS(OS X)ゲストからのアップグレードインストールが、最も容易なプロセスであると説明されています(何れかの問題が発生した場合に、適切なロールバックポイントに復旧する事ができるように、仮想マシンのスナップショット、或いはクローン(VMware Fusion Pro限定の機能)を事前に用意して下さい)。

アップグレードインストールは、物理マシンと同じプロセスがゲストOSで実行されるため、Appleのインストラクションが適用されます。

「VMware Fusion 8.5」で試用するためには

「VMware Fusion 8.5」は、米国時間2017年5月18日付にてリリースされた「8.5.7 Build 5528452」の段階において「macOS High Sierra Beta」をゲストOSとして正式にサポートしておらず、新規インストール時にエラーメッセージ(Unable to create the installation medium)が表示されたり、ゲストOSのブートボリュームにAPFSが適用されている場合に、UEFIのAPFSドライバがゲストOSを起動する事ができない、といった問題が確認されています。

しかしながら、アプリケーションパッケージに含まれる「Create Mavericks Installer.tool(「/Applications/VMware Fusion.app/Contents/Library/Create Mavericks Installer.tool」)」を GitHubにホストされている最新版(「macOS Sierra 10.13 Beta」のテスト時に公開された、コミュニティ(有志)による修正パッチの更新版)に置き換える事によって、新規にインストールして実行する事が可能となります(昨年に概説されたプロセスと同様に、GitHubのプロジェクトから.toolをダウンロードして、置き換えます。尚、アプリケーションパッケージは通常、単一のファイルとしてパッケージングされたバンドル形式にて提供されており、コンテキストメニューを通じて「Show Package Contents(パッケージの内容を表示)」を実行する事により、内包されている各種のリソースにアクセスする事が可能となります)。

パッチの適用後には、 「Terminal(ターミナル)」を通じて以下のコマンドを実行し、アクセス権を適切な設定に調整します(要管理者権限)

sudo chmod 755 /Applications/VMware\ Fusion.app/Contents/Library/Create\ Mavericks\ Installer.tool

sudo xattr -rc /Applications/VMware\ Fusion.app/Contents/Library/Create\ Mavericks\ Installer.tool

インストール時には、APFS(Apple File System)へのアップグレードを問うメッセージが表示されますが、現時点において VMware仮想マシンは同ファイルシステムに対応していないため、このチェックボックスはオフにする必要があります。尚、「macOS High Sierra」に対しては、2017年の秋にリリース予定とされる次版(恐らく「VMware Fusion 9」)において、ゲストOS、ホストOS共に正式にサポートされる予定と伝えられています。