GUID Partition Table(ジーユーアイディーパーティションテーブル)

米Intel Corporationによって開発が行われ、2019年3月にリリースされた「UEFI Specification Version 2.8」のチャプター5にて指定されているパーティション形式(パーティションスキーム、パーティションタイプ)。macOS、Windows、Linux、Solaris、FreeBSD等、多種のオペレーティングシステムの基盤を支えるベーステクノロジーの一つ。

Intel Mac、Apple Silicon Macを起動可能なパーティションテーブル

Intel Mac、Apple Silicon Macの起動ボリューム、或いはPowerPC Mac、Intel Macの非起動ボリュームに適用可能なパーティション形式で、「GUID Partition Scheme(GUIDパーティション方式)」「GUID Partition Map(GUIDパーティションマップ)」「GUID Partition Format(GUIDパーティションフォーマット)」等とも表記される。

1990年代後半に、最終的には「UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)」として定義されるファームウェアインターフェイスの一部として新たに開発され、UEFI 2.8 specificationのchapter 5(UEFI 2.8仕様の第5章)にて規定されている。MacintoshコンピューターにおけるIntelプロセッサーへの移行に伴い、Mac OS Xにおいても新たに採用された。

Intel Mac、Apple Silicon Mac(macOS)におけるブートボリュームに対しては、GUIDパーティションテーブルの適用が必須条件となっており、前期のアーキテクチャーに向けたmacOS(Mac OS X)は、同パーティションテーブルが適用されたボリュームに対してのみインストールする事が可能となっている。

そもそもGUIDとは

GUIDとは「Globally Unique Identifier」の略称で、Uniqueとの呼称が示す通り、特定のアルゴリズムによって算出される グローバルで一意な識別子を指している。そして「IA-64 (Intel Architecture 64)」をサポートするハードウェア用途に「EFI(Extensible Firmware Interface)」と共にIntelによって主導、推進されたのが、GUIDの特性をパーティションテーブルに応用した「GUID Partition Table」となっている。

※前記の特性等に起因して、特定の中央集権的な環境を必要とする事なく、ローカル環境において 様々なデバイス、及びパーティション等を一意に識別可能としている(当該デバイスのインターフェイスを変更した場合にも、オペレーティングシステムレベルでは同一のボリュームとして認識する事が可能)。

GUIDパーティションテーブルの特徴

GUID Partition Tableの特徴の一つとして、第1セクター(First Sector)を敢えて未使用領域として定義している点が挙げられ、この仕組みにアプローチする事によって Master Boot Record(マスタブートレコード)との共存を実現。Apple純正デュアルブート支援ツール「Boot Camp」における「Boot Camp Assistant(Boot Campアシスタント)」は、パーティション分割時にMaster Boot Recordの領域を作成する事によって、macOS(Mac OS X)とWindowsのデュアルブート環境を構築している。

また、パーティションデータ構造の整合性を高めつつ、一定レベルの冗長性を確保するために、GPTヘッダーとパーティションテーブルを「primary partition table(プライマリパーティションテーブル、第2セクター)」と「secondary partition table(セカンダリパーティションテーブル)」「backup partition table(バックアップパーティションテーブル(最後部))」に分割して格納している。

各種アーキテクチャーとの互換性

各種アーキテクチャーとの互換性は以下の通りとなっている。

Apple Silicon Mac(macOS)

ボリュームへのアクセス(可)、ボリュームからの起動(可)

Intel Mac(Mac OS X、macOS)

ボリュームへのアクセス(可)、ボリュームからの起動(可)

PowerPC Mac(Classic Mac OS、Mac OS X)

ボリュームへのアクセス(可)、ボリュームからの起動(不可)

x86-64(Windows、Linux他)

ボリュームへのアクセス(可)、ボリュームからの起動(可)

尚、Master Boot Record(MBR、マスターブートレコード)を前提としたPC/AT互換機では、GUIDパーティションテーブルはサポートされず、ボリュームにアクセスする事も、ボリュームから起動する事もできない。