Grossary

mdworker(エムディーワーカー)

米Appleより開発、提供等が行われている、オペレーティングシステムコンポーネント(インデクサー、ターミナルコマンド)。「metadata worker(メタデータワーカー)」の略称で、macOS(Mac OS X)を対象プラットフォームとし、デスクトップ検索テクノロジ「Spotlight」において、核となるインデックスファイル(ルートディレクトリ直下の不可視フォルダ「/.Spotlight-V100/」以下(サブディレクトリ「Store-V1」「Store-V2」)に保存されている)の作成、更新等を司るプロセス。独立したアプリケーションではなく、システムレベルで統合されている常駐プロセスの一つとして バックグラウンドにてmdsエンジンを稼動させ、適宜にインデックスの作成、更新等の管理全般を行っている。

Safari(サファリ)

米Appleより開発、提供等が行われている、Webブラウザ。macOS(Mac OS X)、iOSを対象プラットフォームとし、「Macworld Conference & Expo 2003(米国時間2003年1月7日より開幕)」における基調講演(キーノートスピーチ)にて発表が行われると共に、デスクトップ版のパブリックベータがリリースされた。

Smart Folder(スマートフォルダ)

米Appleより開発、提供等が行われている、オペレーティングシステムコンポーネント。macOS(Mac OS X)を対象プラットフォームとし、米国時間2005年4月29日付にてリリースされた「Mac OS X 10.4 Tiger」において、デスクトップ検索テクノロジ「Spotlight」と連動した仮想フォルダ(予め一定の検索条件を与えられたフォルダ)として新たに実装された。独立したアプリケーションではなく システムレベルで統合されており、「Spotlight」を応用した機能の一つとして、メタデータを含めた条件で定義された検索結果を フォルダレベルで反映している。

Automator(オートメーター)

米Appleより開発、提供等が行われている、OS標準の自動化アシスタント。macOS(Mac OS X)を対象プラットフォームとし、米国時間2005年4月29日付にてリリースされた「Mac OS X 10.4 Tiger」において、中核機能の一つとして新たに実装された。独立したアプリケーションとして提供されており、定型作業を主とした各種タスクの自動化を GUIの環境にてオーサリングする事を可能としている。

Dashboard(ダッシュボード)

米Appleより開発、提供等が行われている、Widget(ウィジェット)実行環境。macOS(Mac OS X)を対象プラットフォームとし、米国時間2005年4月29日付にてリリースされた「Mac OS X 10.4 Tiger」において、中核機能の一つとして新たに実装された。独立したアプリケーションではなく、システムレベルで統合されている。

Spotlight(スポットライト)

米Appleより開発、提供等が行われている、デスクトップ検索テクノロジ(メタデータ検索)。macOS(Mac OS X)を対象プラットフォームとし、米国時間2005年4月29日付にてリリースされた「Mac OS X 10.4 Tiger」において、中核機能の一つとして新たに実装された。機能の実装には、BeOSのファイルシステム「BFS(Be File System)」、macOSののファイルシステム「APFS(Apple File System)」の開発にも尽力したDominic Giampaolo(ドミニク・ジャンパオロ)が携わっており、独立したアプリケーションではなく、システムレベルで統合されている。