OS(関連ソフトウェア)」カテゴリーアーカイブ

Core Image(コアイメージ)

プログラマブルGPUが有する処理能力を活用するためのパイプライン的な役割を果たす

米Appleより開発、提供等が行われている、アプリケーションフレームワーク。macOS(Mac OS X)、iPad OS、iOSを対象プラットフォームとし、米国時間2005年4月29日付にてリリースされた「Mac OS X 10.4 Tiger」において、中核機能の一つとして新たに実装された。グラフィックス関連機能をサポートする「Core」モジュールの一つとして、「Graphics and Media」カテゴリに属しており、独立したアプリケーションではなく、システムレベルで実装されている。

mdworker(エムディーワーカー)

Spotlightのインデックスを制御する管理プロセス

米Appleより開発、提供等が行われている、オペレーティングシステムコンポーネント(ターミナルコマンド)。macOS(Mac OS X)を対象プラットフォームとし、デスクトップ検索テクノロジ「Spotlight」において、核となるインデックスファイル(ルートディレクトリ直下の不可視フォルダ「/.Spotlight-V100/」以下(サブディレクトリ「Store-V1」「Store-V2」)に保存されている)の作成、更新等を司るプロセス。独立したアプリケーションではなく、システムレベルで統合されている常駐プロセスの一つとして バックグラウンドにてmdsエンジンを稼動させ、適宜にインデックスの作成、更新等の管理全般を行っている。

Smart Folder(スマートフォルダ)

Spotlightと連動し、Finder検索の結果を即時、且つ永続的に反映可能

米Appleより開発、提供等が行われている、オペレーティングシステムコンポーネント。macOS(Mac OS X)を対象プラットフォームとし、米国時間2005年4月29日付にてリリースされた「Mac OS X 10.4 Tiger」において、デスクトップ検索テクノロジ「Spotlight」と連動した仮想フォルダ(予め一定の検索条件を与えられたフォルダ)として新たに実装された。独立したアプリケーションではなく システムレベルで統合されており、「Spotlight」を応用した機能の一つとして、メタデータを含めた条件で定義された検索結果を フォルダレベルで反映している。

Automator(オートメーター)

定型作業の自動化をGUIのユーザインターフェイスで実現

米Appleより開発、提供等が行われている、自動化アシスタント。macOS(Mac OS X)を対象プラットフォームとし、米国時間2005年4月29日付にてリリースされた「Mac OS X 10.4 Tiger」において、中核機能の一つとして新たに実装された。独立したアプリケーションとして提供されており、定型作業を主とした各種タスクの自動化を GUIの環境でオーサリングする事を可能としている(シンプル、且つ明瞭なインターフェイスを特徴としており、複数のタスクを単一のワークフローで完結する事ができる)。作成したワークフローは書類形式(.workflow)のみならず、アプリケーション(.app)やプラグイン等、多様な保存形式がサポートされている。

Dashboard(ダッシュボード)

デスクアクセサリのユーティリティ性を Webテクノロジで実現

米Appleより開発、提供等が行われている、Widget(ウィジェット)実行環境。macOS(Mac OS X)を対象プラットフォームとし、米国時間2005年4月29日付にてリリースされた「Mac OS X 10.4 Tiger」において、中核機能の一つとして新たに実装された。独立したアプリケーションではなく、システムレベルで統合されている。

Spotlight(スポットライト)

メタデータ検索とインクリメンタルサーチで、広範にして高速な検索を実現

米Appleより開発、提供等が行われている、デスクトップ検索テクノロジ(メタデータ検索)。macOS(Mac OS X)を対象プラットフォームとし、米国時間2005年4月29日付にてリリースされた「Mac OS X 10.4 Tiger」において、中核機能の一つとして新たに実装された。機能の実装には、BeOSのファイルシステム「BFS(Be File System)」、macOSののファイルシステム「APFS(Apple File System)」の開発にも尽力したDominic Giampaolo(ドミニク・ジャンパオロ)が携わっており、独立したアプリケーションではなく、システムレベルで統合されている。