「VMware Workstation 14.1.0」リリース、「Fall Creators Update」との互換性を改善

投稿者: | 2018-01-03

「VMware Fusion 10.1.0」と同様、「Windows 10 Fall Creators Update 1709」に対する対応を改善

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2017年12月21日、Windows/Linuxベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Workstation」のアップデートリリースに相当する「VMware Workstation 14.1.0 Pro Build 7370693」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「Help(ヘルプ)」>「Software Updates(ソフトウェアの更新を今すぐ確認)」)を通じて、Windows、Linuxを対象とした、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(Windows版(exe)約465MB、Linux 64bit版(bundle)約439MB)。

Ver. 14を対象としたアップデートリリースとして位置付けられている当版では、機能の追加、全般的な安定性改善、パフォーマンス改善、及びバグフィックス等が行われており、前版(「14.0.0 Build 6661328」)からの主な変更点として、以下の項目等が示されています。

  • 「New Virtual Machine Wizard(新規仮想マシンウィザード)」を通じて「Windows 10 Fall Creators Update(Version 1709、ゲストOS)」の新規仮想マシンを作成する場合に、同オペレーティングシステムのISOイメージを自動検出する事ができなかった問題を修正。従来までは、同オペレーティングシステムに対応した仮想マシンを作成する場合に、「Window 10 / Windows 10 x64」を手動で選択する必要があった
  • 「Windows 10 Fall Creators Update(Version 1709、ゲストOS)」において、Microsoft Officeを使用して修正(編集)したファイルをVMware共有フォルダに保村しようとした場合に、エラー(There has been a network or file permission error. The network connection may be lost)が発生して失敗していた問題を修正。この問題は、ネットワーク接続が使用可能な状態のままで、且つドライブにアクセス可能な場合においても発生し得た。この問題は、ゲストOS拡張機能「VMware Tools 10.2.0」をインストールする事によって解決する
  • 「VMware Workstation 12.x Pro」から「VMware Workstation 14 Pro」にアップグレードした仮想マシンをパワーオンした場合に、仮想マシンのコンソールウインドウがブラックスクリーンとなり得た問題を修正
  • 「Windows 10 Fall Creators Update(Version 1709、ゲストOS)」において、仮想マシンの画面表示がブラックスクリーンとなり得た問題を修正(Unity(ユニティ)モードを抜けた後、或いはホストコンピュータに複数のディスプレイが接続された環境において、マルチディスプレイ(マルチモニタモード)からシングルディスプレイに戻した場合に発生し得た問題)。この問題は、ゲストOS拡張機能「VMware Tools 10.2.0」をインストールする事によって解決する
  • Ver. 4.13以降のカーネルを伴うLinux(ホストOS)において、vmmonドライバが正常にビルドされない事に起因して「VMware Workstation Pro」が起動に失敗していた問題を修正
  • 「openSUSE Leap 42.2(ホストOS)」における起動プロセス時に、vmnet仮想ネットワークのコンパイル中に「VMware Workstation Pro」が警告とエラーメッセージを発し、起動に失敗していた問題を修正
  • AMD製のグラフィックス処理ユニットを搭載したホストシステムにおいて「VMware Workstation 14 Pro」にアップグレードした後に、仮想マシンがクラッシュするケースが確認されていた問題を修正
  • リモート仮想マシンにおいてパーミッションを直接設定する代わりに、仮想マシンフォルダからパーミッションを伝播する場合に、リモート仮想マシンにアクセスするための適切な権限を取得する事が出来なかった問題を修正

その他にもVMwareからは、同日付にてデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Workstation Player(旧VMware Player)」のアップデートリリースに相当する「VMware Workstation 14.1.0 Player Build 7370693」もリリースされ、Pro版と同様に「Windows 10 Fall Creators Update(Version 1709、ゲストOS)」に対する互換性改善等が行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA