「VirtualBox 5.1.16」リリース

投稿者: | 2017-03-27

「Linux 4.11」「Windows 10」との互換性改善等

Oracle Corporationより米国時間2017年3月8日、マルチプラットフォームに対応したオープンソースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「Oracle VM VirtualBox」のアップデートリリースに相当する「Oracle VM VirtualBox 5.1.16 Build 113841」がリリースされ、現在コミュニティサイト、及びOracleによる公式ダウンロードページを通じて、OS X、Windows、Linux、Solarisを対象としたバイナリパッケージ、ソースコード、SDK(Software Development Kit)、及びPUEL(VirtualBox Personal Use and Evaluation License)に準拠したエクステンションパック(Oracle VM VirtualBox Extension Pack)が入手可能となっています(Mac OS X版 dmg 約89.8MB。バイナリとソースコードには、ライセンスとしてGPLv2(GNU General Public License Version 2)が適用されています)。

Ver. 5.1を対象としたメンテナンスアップデートとして位置付けられている当版では、バグフィックス、パフォーマンス改善等が行われており、前版(5.1.14 Build 112924)からの主な変更点として、以下の項目等が示されています。

  • デュアルモニタ処理が無効化されている場合に、MSR_IA32_SMM_MONITOR_CTL MSRにアクセスしなくなるべくした変更を適用(KVM(Kernel-based Virtual Machine)のバグを回避するための手法)
  • MSR(Model-specific Register、モデル固有レジスタ)に向けた「Intel VT-x(Intel Virtualization Technology)」をサポートしない旧世代のCPUにおける、一部特定のMSRのハンドリングを修正(「5.1.14 Build 112924」においても類似した修正項目がリストされていたが、それとは別の修正)
  • CPUID/HTTビットが設定されていないホストOSにおいて、「Virtual SMP(Virtual Symmetric Multiprocessing、仮想対称型マルチプロセッシング)」が有効化されたゲストOSで(スナップショットで)保存された状態をリストアした場合に、「VERR_SSM_LOAD_CPUID_MISMATCH」エラーが発生していた問題を修正
  • call gateエミュレーションにおけるバグを修正
  • FWAIT命令に関連した修正を適用
  • 一部特定状況下において、ゲストOSが散発的にハングアップするケースが確認されていた問題を修正
  • GUI関連の改善。一部特定のX11ホストにおいて、タスクバー、及びページャから ミニツールバーを非表示とすべくした変更を適用
  • 環境設定(「VirtualBox」>「Preferences…(環境設定…)」)の「Network(ネットワーク)」>「Host-only Networks(ホストオンリーネットワーク)」>「DHCP server(DHCPサーバ)」のグローバル設定において、エラーのハンドリングを修正
  • マルチディスプレイ環境におけるフルスクリーンモードに関連した修正を適用
  • ホストオンリーネットワークの改善。「Windows 10(ホストOS)」における VirtualBoxのインストール時に、ホストオンリーアダプタを作成する事ができないケースが確認されていた問題を修正
  • And many ohers…

その他にもOracleからは、同日付にて旧版(Ver. 5.0)を対象としたアップデートリリースに相当する「VirtualBox 5.0.34 Build 113845」もリリースされ、「Linux Kernel 4.11」に対する互換性改善等が行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA