「Mac OS X 10.4 Tiger」ファーストインプレッション

投稿者: | 2005-05-05

インストール時の変更点、インストール後の安定度等

世界同時リリースとして4月29日18時に発売が開始(時差の関係で、日本が最も早いリリースとなっていました)された、Appleによるデスクトップオペレーティングシステム「Mac OS X 10.4 Tiger」。リリースから1週間近くが経過した現在までに、実際の使用に基づいた様々なレビュー等が各所から公開されているようですが、私自身もインストールを完了し、環境移行から新機能の試用等を行っています。

検証の結果は、当ブログやWebサイトにレビューとして載せていこうと思っていますが、現時点において若干不具合報告が多いのが気になるところです。尤も不具合報告を出している方のインストール過程や作業環境等はWebを見ただけでは判りづらいケースが殆どですし、Mac OS Xを含む昨今のモダンOSのように不可視ファイルも多く複雑な構造のオペレーティングシステムにおいては、それこそ100種の起動ボリュームがあれば100通りの環境ができてしまう訳ですから、情報は慎重に吟味する必要があります。

尚、私の環境は、PowerBook G4 550MHz(Gigabit Ethernet)、768RAM(256MBから増設)、20GB内蔵HDD、12OGB外付けHDD(yano A-Dish)に、BUFFALOの無線LANカード(WLI-CB-G54)をAirMac ExtremeとしてPCカードスロットに装着して使っています。

インストールプロセスは、インストールDVDから起動して「Disk Utility(ディスクユーティリティ)」を起動し、論理フォーマットにて内蔵ハードディスクドライブを初期化。ここでの「Mac OS X 10.3 Panther」からの変更点の一つとして、ディスクユーティリティにてイニシャライズする場合に、幾つかのオプションが追加されています。その中の一つの「Security Option(セキュリティオプション)」では、以下の4つのオプションが選択可能となっています。

Don’t Erase Data(データを消去しない)

ディレクトリ情報のみを消去して、実在するデータにアクセス不可とする高速な論理フォーマット。上書き前であれば、一般的なサードパーティ製アプリケーション等でデータを復元する事も可能(私はこのオプションを使用しました)

Zero Out Data(データをゼロ消去)

ディスク上の全てのデータに「0(ゼロ)」を1回書き込む。以前から存在していた「ゼロデータ書き込み」

7-Pass Erase

新たに追加されたオプションの一つ。磁気メディア消去に関するセキュリティ標準のUnited States Department of Defense 5220-22M(DOD)に準拠し、データに0を7回書き込む

35-Pass Erase

こちらも新たに追加されたオプションの一つで、データに0を35回書き込む(高レベルの情報漏洩防止性を提供)。4つのオプションの中では、最も時間を要する

私は「Don’t Erase Data」オプションを使用して、内蔵ハードディスクドライブにクリーンインストールを行い、一通りの環境設定を終えた後に、外付けハードディスクドライブにインストール直後のクリーンなTigerのクローン(複製)を作成しました(イメージファイル(dmg)の作成ではなく、パーティション分割した論理ボリュームにクローンを作成)。作成完了後、ターゲットボリュームからの起動を確認するために「System Preferences(システム環境設定)」>「Startup Disk(起動ディスク)」ペインから起動ボリュームを変更。そのまま同パネルからリスタートを試みたところ、再起動プロセスでハングアップしてしまいました。

止むなく強制再起動を行ったところ、設定した筈の環境設定項目の幾つかが反映されていない(デフォルト値に戻っていた)事に気が付きました。結局、初期設定ファイルの削除や当該項目の再設定にて対処した後は、特に目立った問題も無く順調に動いております。よく「ゼロバージョンの不具合は付属品のように付いてくる」と伝え聞きますが、(それで良いかどうかは別問題として)現時点では想定の範囲内といった印象を持っています。

どうやらディスカッションボード等では、クリティカルな問題としてデリケートに採り上げられたりしているようですが、インターネットから入手可能な情報の中でも、無償にて提供されている情報に関しては、それらをどう活用するかは自己責任という事になってしまうのですね。私自身は、様々な情報に目を通し吟味した上で「Mac OS X 10.4 Tiger」を積極的に活用していき、得た情報は積極的に公表していく予定で居りますので、今後も宜しくお付き合い下さい。