アップルストア銀座で「Podcast(ポッドキャスト)」ワークショップ開催

投稿者: | 2005-08-03

iTunesとの連携でオンデマンドな聴取を実現

Apple Store, Ginza(アップルストア銀座)3Fシアターにおいて2005年08月03日の12時より、ポッドキャストをテーマとしたワークショップが開催されたので参加してきました。平日の昼間に開催された30分位のワークショップではありましたが、会場が7割近く埋まっている等、注目度の高さが感じられました。

「Podcast(ポッドキャスト)」という名称は、Appleによるデジタルミュージックプレーヤ「iPod」と、放送を意味する「broadcast(ブロードキャスト)」を合わせて造った造語です。2003年頃に原型が誕生し、2004年頃から米国のブログサイト等を中心に広まりを見せ、ポッドキャスター(配信者)は「RSS 2.0(Really Simple Syndication 2.0)」を介した音声や映像ファイルの配信を、リスナー(聴取者)は任意のタイミングでのダウンロードと、聴取が各々可能となっています。

ブックマークを登録しておけば、定期的な受信も可能となりますので、(リアルタイム性に欠けるかも知れませんが)iPodと同期させて、好きな時に好きな場所でコンテンツを聴く事ができる、まさにオンデマンドなラジオ放送を実現したといえるでしょう。「リアルタイム性の少なさ」を「タイムシフトして聴取可能」と置き換えて考えれば、通常のラジオ放送よりも聴取率を取り易いといったメリットも生まれてきそうです。

最新型のiPodでの対応を謳っていますが、主として「MP3(MPEG-1 Audio Layer-3)」や「AAC(Advanced Audio Coding)」で配信されてきますので、「iPod mini」「iPod shuffle」でも聴取する事ができますし、「iTunes 4.9」を使用すれば、映像コンテンツも視聴する事も可能となります(「MP3」でダウンロードすれば、他社製のオーディオプレーヤでも聴く事も可能です)。

ライブドア社からは、ポッドキャストとライブストリーミングの配信サービス「livedoorねとらじ」が提供される等、一般層にも広まりを見せる この仕組みによって、今後のラジオの在り方も大きく変ってくるのではないでしょうか。尚、当ブログをホストして頂いているSeesaaブログでは、既に対応済みとなっており、現状では Windows版も存在する「iTunes」を使用するのが、最もシームレスにボッドキャストと連携する事ができそうです。