「Opera」が無料版から広告を撤去。「Camino 1.0」はAlpha版が登場

投稿者: | 2005-09-20

無料版から広告を撤去し、実質フリーウェアに

Opera Softwareより諾国時間20日、Webブラウザ「Opera」の無料版に掲載されていたバナー広告の掲載を終了し、実質的なフリーソフトウェアへの移行が発表されています。今回の決定に関してOperaサイドからは、「Operaの普及と、世界中のユーザの皆様からの支援によるもの」といった声明が発せられていますが、この事によってブラウザマーケット全体が活気付き、更なる製品開発の後押しとなってくれれば、我々ユーザにとっては非常に喜ばしい事です。

現時点における、Operaの特徴を簡単に纏めてみますと、以下の通りになるかと思われます。

  • アセンブラで書かれたレンダリングエンジン「Presto(プレスト)」を自社開発。同エンジンをauやWILLCOM等の携帯モバイルデバイス、或いはWebオーサリングツール「Adobe GoLive」におけるプレビュー用のレンダリングエンジン等、各種のプラットフォームに提供
  • グラフィックス アプリケーション等で採用されている、全体をイメージとして捕えた拡大縮小表示(フルページズーム)、当該時点におけるセッションの保存、復元(セッションリストア)等、独自性の高い諸機能を実装
  • 20種類以上の言語に対応した多様なローカライズ、及びライブドア社による 日本国内でのパッケージ版の販売、サポート

Mac OS X版に関しては、2003年1月に Appleから「Safari」が発表された時には、開発からの撤退が検討されているとの報道もなされていましたが、その後に同案は撤回され、現在でも開発が継続して行われています。

尚、livedoor(ライブドア)から販売されていたパッケージ版に関しては、購入日が証明できれば払い戻しにも応じれくれると伝えられていますので、該当される方は問い合わせてみると良いかと思われます。

「Camino 1.0」は、Ver. 1.0のAlpha版をリリース

Mac OS X環境で動作するWebブラウザとしてもう一つ、レンダリングエンジンとして「Mozilla Gecko」を使用する「Camino」も、ナイトリービルトにて 正式版へ向けた Ver. 1.0のAlphaアルファ版をリリースしています。

Windows、Linuxを含むマルチプラットフォームを対象とした「Opera」「Firefox」に対して、Mac OS Xにターゲットを絞った「Camino」は、同オペレーティングシステムに対する最適化では、他のサードパーティブラウザより一歩先を行っている感があり
ます。前身の「Chimera」時代には、「Microsoft Internet Explorer(for Mac OS X)」に代わる Mac OS X標準ブラウザとしての採用も噂されていだけに、GA版のリリースは、とても待ち遠しい限りです。