「Linux Mint 18.2 Sonya(GA版)」リリース

投稿者: | 2017-07-16

KDE Plasma、Xfceを含む、4種のエディションが当時にリリース

愛Linux Mint teamより現地時間2017年7月2日、Linuxディストリビューション「Linux Mint 18」のサードリリースに相当する「Linux Mint 18.2(Sonya、GA版)」がリリースされ、現在同チームによる公式ダウンロードページを通じて、x86-64、Intel x86(i386)を対象としたisoイメージが入手可能となっています(x86-64(Cinnamon) 約1.6GB。アーキテクチャ、デスクトップ環境別に8種のエディションが提供されており、インストールCDが、そのままLive CDとして利用可能となっています)。

コードネーム「Sonya」として、「Ubuntu 16.04 LTS(Xenial Xerus)」をベースとする当版では、Linuxカーネルとして「Linux Kernel 4.8」、X.Org Serverとして「X.Org Server 1.18.4」が実装されている他、デフォルトのデスクトップ環境として「Cinnamon 3.4」「MATE 1.18」「KDE Plasma 5.8」「Xfce 1.7.2」、ファイルマネージャとして「Nemo 3.4.5」、WebブラウザとしてMozilla Foundationによる「Firefox 54.0」、メールクライアントとして「Thunderbird 45.5.1」、オフィススイートとしてThe Document Foundationによる「LibreOffice 5.1.6 rc2」、グラフィックスソフトウェアとして「GIMP 2.8.16」が各々採用されています(LTS(Long Term Support)としてリリースされている当版では、2021年までのサポート期間が設けられています)。

Cinnamonエディション

「Cinnamon 3.4」が実装された当ディションでは、ファイルマネージャ「Nemo」のマルチプロセス化(ファイルマネージャのプロセスと、デスクトップアイコンやバックグラウンドを表示、管理するプロセスに分割)、及びデスクトップグリット(Aligh to grid)や、ファイル名、サイズ、種類、更新日等に基づくアイコンの自動並び替え(Auto-arrabge)機能の採用等が行われています。

MATEエディション

「MATE 1.18」が採用された当ディションでは、「GTK+3」への移行、及びファイルマネージャ「Caja」における各種ユーザインターフェイスの改善等が行われています

尚、Linux Mint teamからは Debianをベースとした「LMDE(Linux Mint Debian Edition)」も提供されており、こちらは英国時間2015年4月10日付にてリリースされた「LMDE 2 Betsy(Linux Mint Debian Edition 2 Betsy)」が現時点における最新版となります(ISOイメージは継続的にアップデートされています)。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA