Apple、「iPod nano」「iTunes 5」を発表

投稿者: | 2005-09-08

重厚なブラックモデルが追加され、フラッシュメモリを搭載

米国時間2005年9月7日付にて開催されたプレスイベントにおいて、Steve Jobs(スティーブジョブズ), CEOのポケットより登場した iPod miniの後継機種「iPod nano」は、その携帯性やファッション性等も含めて大きな注目を集めているようです。

特に新色ブラックモデルは、真骨頂ともいうべき洗練されたデザインと質実剛健な重厚さが秀逸です。フラッシュメモリを搭載した4GBモデルと2GBモデルのラインナップ構成となっていますが、その他のスペックでは、既存のiPodとほぼ同等の機能を盛り込んでいるようです。

フラッシュメモリを搭載した事による 音飛びリスクの軽減も、ハードディスクモデルに対するアドバンテージの一つとなっていますし、順調に行けば、歴代のiPodファミリーの中でもトップセールスを記録するのではないでしょうか。私自身は「iPod shuffle」を購入したばかりなので 直近での入手予定はありませんが、購入意欲を刺激されるプロダクトである事は間違いありません。

一方で、リリース時には一世を風靡した「iPod mini」は、Apple公式サイトから既に姿を消しています。こちらは結構寂しかったりしますね。

同時に「iTunes 5.0」もリリース

また、同日付けにて Appleによるメディアプレーヤ「iTunes」のアップグレードリリースに相当する「iTunes 5.0」もリリースされ、現在同社による公式ダウンロードページを通じて、Mac OS X、Windowsを対象とした、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています。

この度リリースされた「iTunes 5.0」では、PIMソフトウェア「Outlook(for Windows)」との同期機能が実装された他、プレイリストをフォルダにて整理可能な「プレイリストフォルダ」、ランダム再生を調整可能な「スマートシャッフル」、保護者が子供のアクセスを制限する事が可能な「ペアレンタルコントロール」、検索機能をより充実させるための「検索バー」等の諸機能が追加されています。

一方ではソニーからウォークマンAシリーズも

一方では日本企業も黙ってはいません。ソニーより日本時間2005年9月8日、ウォークマンAシリーズ 全5機種が発表されています。

スタイリッシュなデザインのウォークマンスティックも含めて、ソニーも健闘しているようですね。Rioがデジタルミュージック市場から撤退していく中、ソニーの頑張りにも期待したいところです。