Apple、「iMac G5」「Video iPod」等を発表

投稿者: | 2005-10-13

リモートコントロールに対応した「iMac G5」

Apple Computerより米国時間2005年10月12日、カリフォルニアシアターにて開催されたスペシャルイベントを通じて、アップデートされた「iMac G5」、ビデオ再生に対応した「Video iPod」、及び「iTunes 6」の発表等が行われていますので、当エントリでは、その概要等を簡単に纏めてみたいと思います(当エントリ投稿時点において、詳細が不明な点も多いのですが、まずは速報という形で概要をお届けします。情報が更新され次第、随時追記、編集等を行っていきたいと思います)。

「One More Thing…(そうそう、最後にもう1つ)」のフレーズのもと、様々な噂と憶測を呼んでいた今回のイベントでしたが、オープニングを飾ったのは、アップデートされた「iMac G5」。Steve Jobs(スティーブジョブズ), CEOによって熱く伝えられたのは、iPod shuffleを彷彿させる外観のリモートコントローラ「Apple Remote(アップルリモート)」と、同コントローラによって制御可能なメディアランチャ「Front Row(フロントロウ)」でした。

「Front Row」は「DoVAIO」をイメージすると近いかも知れませんが、「Apple Remote」との組み合わせで、オペレーティングシステムの存在を意識する事のない操作性で、恰もリビングでテレビやビデオをリモートコントロールするかのような一体感を実現しているようです。

その他の主な特徴としては、「Quartz 2D Extreme」に対応する「ATI Radeon X600 XT(VRAM 128MB DDR)」を搭載し、「iSight」「AirMac Extreme」「Bluetooth 2.0+EDR(Enhanced Data Rate)」を内蔵。光学ドライブは 8倍速の2層記録式SuperDriveを採用し、「Mighty Mouse(マイティマウス)」「Apple Keyboard」等を付属となっています。

コンピュータ本体では、iSightカメラの内蔵が目立つところですが、今後はノート型の「PowerBook G4」「iBook G4」、及び予定されているIntel Macにも内蔵してくるのではないでしょうか。尚、iSightと連動したアプリケーションとして、リアルタイムにエフェクトを適用可能な「Photo Booth」も新たにバンドルされると伝えられています。

ビデオ再生に対応した第5世代の「iPod(Video iPod)」

続いて発表されたのは、デジタルオーディオプレーヤからメディアプレーヤへと進化した 第5世代の「iPod(Video iPod)」が登場。当モデルより、「iPod nano」でも採用された新色ブラックモデルがラインアップに加わっており、洗練されたデザインと質実剛健な重厚さが秀逸な印象です。

その他では、2.5inch QVGA(320×240)カラーディスプレイを搭載し、最大で150時間のビデオを収録可能。「MPEG-4」「H.264」等に対応し、60GBモデルで最長20時間の連続再生が可能等といった特徴が、現時点において判明しています(音楽関連のビデオクリップはITMS(iTunes Music Store)からも配信されるとの事です)。

大きな利益が見込めそうなiPod nanoの発表直後でしたので、年末商戦に向けて Apple自らが対抗製品を出す事は考えにくいかとも思っていたのですが、昨今の勢いをそのままに、とても強気な戦略できたのが印象的でした。