VMware」カテゴリーアーカイブ

「VMware Fusion 10」のMetalグラフィックスのサポート

ゲストOSにおける3Dグラフィックスの高速化等に貢献

macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」を対象としたアップグレードリリースとして、米国時間2017年9月26日付にてGAリリースを迎えている「VMware Fusion 10」ですが、同版では ゲストOSにおける3Dグラフィックスのパフォーマンスを向上させるために、AppleによるグラフィックスAPI「Metal」を活用する事が可能となっています。

「VMware Workstation 14(14.0.0)」リリース、VBSをサポート

UEFIセキュアブートにも対応する等、更なるセキュリティ強化を実現

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2017年9月26日、Windows/Linuxベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Workstation」のアップグレードリリースに相当する「VMware Workstation 14.0.0 Pro Build 6661328(GA版)」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページを通じて、Windows、Linuxを対象とした、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(Windows版(exe)約462.92MB、Linux 64bit版(bundle)約437.29MB)。

「VMware Fusion 10(10.0.0)」リリース、「High Sierra」をサポート

macOSゲストでは、APFS(Apple File System)もサポート

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2017年9月26日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップグレードリリースに相当する「VMware Fusion 10.0.0 Build 6665085(GA版)」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページを通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約469.74MB)。

「VMware Fusion 10」、Metal、Touch Barをサポート

10月リリース予定の10周年記念の版は、Ver. 10としてリリースへ

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2017年8月22日、VMware Fusion Blog(公式ブログ)を通じて、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップグレードリリースに相当する「VMware Fusion 10」のリリース予定、機能概要等がアナウンスされています。

「VMware Workstation 2017 TP 1」リリース

Linuxホストでは、UIに「GTK+ 3」を採用

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2017年7月17日、開発過程にある次世代デスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Workstation 2017」の最新プレビュー版に相当する「VMware Workstation 2017 Technology Preview 1 Build 6056110 」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページを通じて、Windows、Linuxを対象とした、日本語含む複数言語リソースを包含する英語版のバイナリパッケージが入手可能となっています(Windows版(exe)約475.08MB、Linux 64bit版(bundle)約449.77MB。バージョン表記は、現時点では暫定的に付されているものです。今後の開発過程において、正式なバージョンナンバが決定されます)。

「VMware Fusion 2017 TP 1」リリース、Metalに対応

MacBook ProのTouch Bar(タッチバー)にも試対応

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2017年7月17日、開発過程にある次世代デスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion 2017」の最新プレビュー版に相当する「VMware Fusion 2017 Technology Preview 1 Build 6048684」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページを通じて、英語版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約474.75MB。バージョン表記は、現時点では暫定的に付されているものです。今後の開発過程において、正式なバージョンナンバが決定されます)。

「VMware Workstation 12.5.7」リリース

「VMware Fusion 8.5.8」と同様のセキュリティ関連の修正等を含む メンテナンスアップデート

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2017年6月27日、Windows/Linuxベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Workstation」のアップデートリリースに相当する「VMware Workstation 12.5.7 Pro Build 5813279」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「Help(ヘルプ)」>「Software Updates(ソフトウェアの更新を今すぐ確認)」)を通じて、Windows、Linuxを対象とした、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(Windows版(exe)約405MB、Linux 64bit版(bundle)約455MB)。

「VMware Fusion 8.5.8」リリース

セキュリティ関連の修正を含む メンテナンスアップデート

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2017年6月22日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップデートリリースに相当する「VMware Fusion 8.5.8 Build 5824040」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「VMware Fusion」>「Check for Updates…(更新の確認…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約467MB)。

「High Sierra Beta」と「VMware Fusion 8.5」

現時点で、APFS(Apple File System)には非対応

世界開発者会議「WWDC 2017(Worldwide Developers Conference 2017)」において発表され、VR(Virtual Reality、仮想現実)のサポート等が予定される、Appleによる次世代デスクトップオペレーティングシステム「macOS High Sierra(macOS 10.13)」ですが、米国時間2017年6月12日付にて公開されたVMware Fusion Blog(公式ブログ)を通じて、同OSのBeta版を「VMware Fusion 8.5」にゲストOSとしてインストールするためのプラクティカルガイドが公開されていますので、その内容等を簡単に纏めてみたいと思います。

「VMware Workstation 12.5.6」リリース、「Creators Update」をサポート

「Windows 10 Creators Update」を ホスト、ゲスト、共に正式にサポート

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2017年5月18日、Windows/Linuxベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Workstation」のアップデートリリースに相当する「VMware Workstation 12.5.6 Pro Build 5528349」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「Help(ヘルプ)」>「Software Updates(ソフトウェアの更新を今すぐ確認)」)を通じて、Windows、Linuxを対象とした、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(Windows版(exe)約405MB、Linux 64bit版(bundle)約455MB)。

「VMware Fusion 8.5.7」リリース、「Creators Update」をサポート

「Windows 10 Creators Update(ゲストOS)」を正式にサポート

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2017年5月18日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップデートリリースに相当する「VMware Fusion 8.5.7 Build 5528452」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「VMware Fusion」>「Check for Updates…(更新の確認…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約467.17MB)。

「Ubuntu Budgie 17.04」を「VMware Fusion 8.5」にインストール

シンプル、エレガントなデスクトップ体験を提供する、新たな公式フレーバー

CanonicalによるLinuxディストリビューション「Ubuntu 17.04(開発コードネーム「Zesty Zapus」)」が、英国時間2017年4月13日付にてGAリリースを迎えました。今回は、同オペレーティングシステムの公式フレーバーとして新たに採用された「Ubuntu Budgie 17.04(旧budgie-remix)」を macOS(Mac OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion 8.5」にゲストOSとしてインストールしてみましたので、そのプロセス等を簡単に纏めてみたいと思います。

「VMware Workstation 12.5.5」リリース

「VMware Fusion 8.5.6」と同様のセキュリティ関連の修正等を含む メンテナンスアップデート

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2017年3月28日、Windows/Linuxベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Workstation」のアップデートリリースに相当する「VMware Workstation 12.5.5 Pro Build 5234757」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「Help(ヘルプ)」>「Software Updates(ソフトウェアの更新を今すぐ確認)」)を通じて、Windows、Linuxを対象とした、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(Windows版(exe)約400MB、Linux 64bit版(bundle)約455MB)。

「VMware Fusion 8.5.6」リリース、「VMware Tools」の修正等

「VMware Tools」関連の修正、セキュリティ関連の修正を適用

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2017年3月28日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップデートリリースに相当する「VMware Fusion 8.5.6 Build 5234762」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「VMware Fusion」>「Check for Updates…(更新の確認…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約467MB)。

「VMware Workstation 12.5.4 Pro」リリース

「VMware Fusion 8.5.5」と同様のセキュリティ関連の修正を含む メンテナンスアップデート

前版(12.5.3 Build 5115892)のリリースから5日後に、緊急性の高いアップデートがリリースされたので取り上げてみたいと思います。

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2017年3月14日、Windows/Linuxベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Workstation」のアップデートリリースに相当する「VMware Workstation 12.5.4 Pro Build 5192485」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「Help(ヘルプ)」>「Software Updates(ソフトウェアの更新を今すぐ確認)」)を通じて、Windows、Linuxを対象とした、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(Windows版(exe)約400MB、Linux 64bit版(bundle)約455MB)。

「VMware Workstation 12.5.3 Pro」リリース

「Ubuntu 16.10(Yakkety Yak)」との互換性改善等を含む、メンテナンスアップデート

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2017年3月9日、Windows/Linuxベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Workstation」のアップデートリリースに相当する「VMware Workstation 12.5.3 Pro Build 5115892」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「Help(ヘルプ)」>「Software Updates(ソフトウェアの更新を今すぐ確認)」)を通じて、Windows、Linuxを対象とした、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(Windows版(exe)約400MB、Linux 64bit版(bundle)約455MB)。

「VMware Fusion 8.5.5」リリース

セキュリティ関連の修正を含む メンテナンスアップデート

前版(8.5.4 Build 5115894)のリリースから5日後に、緊急性の高いアップデートがリリースされたので取り上げてみたいと思います。

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2017年3月14日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップデートリリースに相当する「VMware Fusion 8.5.5 Build 5192483」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「VMware Fusion」>「Check for Updates…(更新の確認…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約467.1MB)。

「VMware Fusion 8.5.4」リリース、vmrunの改善 etc…

vmrun、プリンタ共有関連の修正等を含む メンテナンスアップデート

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2017年3月9日、macOS(OS X)ベースのデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」のアップデートリリースに相当する「VMware Fusion 8.5.4 Build 5115894」がリリースされ、現在VMwareによる公式ダウンロードページ、及びビルトインのソフトウェアアップデータ(「VMware Fusion」>「Check for Updates…(更新の確認…)」)を通じて、日本語含む複数言語リソースを包含するマルチリンガル版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg 約467.1MB)。

「VMware Fusion 9」2017年にリリースへ

マーケティングマネージャのMichael Roy氏が言及

Dell TechnologiesグループのVMwareより米国時間2017年3月7日、ホステッドUIチームを統括するマネジメントグループが、2017年にデスクトップ仮想化ソフトウェア「VMware Fusion(for macOS)」「VMware Workstation(for Windows Linux)」において、新たなリリースを行う事で合意した旨が伝えられています。

「open-vm-tools」をインストール

VMwareは「open-vm-tools」を推奨

Dell TechnologiesグループのVMwareより提供されている各種の仮想化ソフトウェアには、Linux(ゲストOS)に向けたゲストOS拡張機能「VMware Tools」が同梱されていますが、同社からは、各OSベンダ、OSコミュニティから提供されているオープンソース実装「open-vm-tools」を利用した運用が推奨されています。

VMwareによるサポートポリシーでは、認定されたオペレーティングシステムでの使用を目的として、各OSベンダ、OSコミュニティから再配布される「open-vm-tools」は、完全にサポートされるとの事ですので、同ツールの概要、及びインストール手順等を簡単に纏めてみたいと思います。