Software」カテゴリーアーカイブ

AdobeがMacromediaの買収を完了、新たなバンドル製品も発表

Adobe Flashを軸に、「Design Bundle」「Web Bundle」から提供開始

Adobe Systemsより米国時間2005年12月5日、プレスリリースを通じて、ソフトウェアプラットフォームに大きな変革を齎すであろう、同社によるMacromediaの買収が規制当局(米司法省)の認可を受け、米国時間2005年12月3日に取り引きを完了したと発表されています(既に、Macromediaの公式サイトには Adobeのロゴが表示されており、会社概要は Adobe Systemsの当該ページにリンクされています。また、マクロメディア社の普通株式の売買は停止され、同社の普通株式は アドビシステムズ社の普通株式1.38株を受け取る権利に変換されたと伝えられています)。

「Opera」が無料版から広告を撤去。「Camino 1.0」はAlpha版が登場

無料版から広告を撤去し、実質フリーウェアに

Opera Softwareより諾国時間20日、Webブラウザ「Opera」の無料版に掲載されていたバナー広告の掲載を終了し、実質的なフリーソフトウェアへの移行が発表されています。今回の決定に関してOperaサイドからは、「Operaの普及と、世界中のユーザの皆様からの支援によるもの」といった声明が発せられていますが、この事によってブラウザマーケット全体が活気付き、更なる製品開発の後押しとなってくれれば、我々ユーザにとっては非常に喜ばしい事です。

「Netscape 8(8.0.1)」リリース、Firefox、IEのデュアルエンジン搭載

Gecko(Mozilla)、Trident(Internet Explorer)のデュアルレンダリングエンジンを搭載

現在AOL(America Online)に属する部門の一つとして存続しているNetscapeですが、この度米国時間2005年5月19日付にて、同Webブラウザのアップグレードリリースに相当する「Netscape 8.0.1(GA版)」がリリースされ、現在同社による公式ダウンロードページを通じて、Windowsを対象としたバイナリパッケージが入手可能となっています(Ver. 8.0.0がリリースされた後、「Firefox 1.0.4」におけるセキュリティ修正を適用すべくして、同日内にVer. 8.0.1がリリースされています)。

「Adobe CS2」は5月に発売

「Premium」「Standard」各エディションを提供

Adobe Systemsより米国時間2005年4月4日、同社によるクリエティブパッケージ「Adobe Creative Suite」のアップグレードリリースに相当する「Adobe Creative Suite 2(CS2)」の発売が、5月に決定したとの発表がありました。