「Anka Beta(Veertu)」リリース、「High Sierra」に対応

投稿者: | 2017-06-12

「macOS High Sierra」をゲストOSとして実行可能

Veertu Incより米国時間2017年6月8日、開発過程にある macOS(OS X)ベースの仮想環境構築ツール「Anka」の最新プレビュー版に相当する「Anka Public Beta」がリリースされ、現在Veertuによる公式ダウンロードページを通じて英語版のバイナリパッケージが入手可能となっています(dmg)。

この度パブリックベータが開始された「Anka」は、Macのプライベートクラウドに仮想環境を構成、管理するための「Anka Build」、展開、実行するための「Anka Run」の2種のツールが提供されており、何れもコマンドラインを通じて実行可能となっています。また、「WWDC 2017(Worldwide Developers Conference 2017)」において発表され、現在ベータ版が提供されている Appleによる次世代デスクトップオペレーティングシステム「macOS High Sierra(macOS 10.13)」をゲストOSとして実行可能となっており、ハイパーバイザ(Anka Hypervisor)における主な特徴として、以下の項目等が示されています。

  • 15MBのフットプリントにて、Macハードウェアにおいてネイティブアプリケーションとして実行可能
  • 別途にカーネルエクステンション(.kext)を組み込む必要なく、macOSの「hypervisor.framework」を通じて、macOSゲストに対して リソーススケジューリング、及び電源管理(パワーマネジメント)を提供可能(カーネルレベルでの強制的な介入がないため、ネイティブアプリケーションと同じアプローチで仮想化リソースの管理を行う事が可能)
  • 特許出願中とされるインスタントスタートテクノロジによって、仮想マシンを1秒未満で起動可能
  • 仮想マシンにおけるディスクパフォーマンス、ネットワークパフォーマンスを向上されるためのパラバーチャライゼーション(準仮想化)ドライバ
  • macOS(ゲストOS)に対してiOSデバイスを接続可能とする、USBパススルーをサポート
  • コードベースとして、FreeBSDのBhyveからポートしたXhyveハイパーバイザ、及びEDK IIを使用

「Terminal(ターミナル)」を通じたコマンドラインでの操作を基本としているため、現時点でGUIのクライアントアプリケーションは存在せず、コンソールはVNCクライアント(ankaview)を使用しています。また、「hypervisor.framework」を仮想化レイヤとして使用しているため、システム要件は「OS X Yosemite(OS X 10.10)」以降となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA