月別アーカイブ: 2005年5月

「Netscape 8(8.0.1)」リリース、Firefox、IEのデュアルエンジン搭載

Gecko(Mozilla)、Trident(Internet Explorer)のデュアルレンダリングエンジンを搭載

現在AOL(America Online)に属する部門の一つとして存続しているNetscapeですが、この度米国時間2005年5月19日付にて、同Webブラウザのアップグレードリリースに相当する「Netscape 8.0.1(GA版)」がリリースされ、現在同社による公式ダウンロードページを通じて、Windowsを対象としたバイナリパッケージが入手可能となっています(Ver. 8.0.0がリリースされた後、「Firefox 1.0.4」におけるセキュリティ修正を適用すべくして、同日内にVer. 8.0.1がリリースされています)。

「Virex for .Mac」はTigerに非対応、そのまま開発終了へ

定義ファイルのアップデートは2006年4月で終了

Appleによるオンラインサービス「.Mac(ドットマック)」におけるサービスアプリケーションの一つして提供されてきた、米McAfeeによるアンチウィルスソフトウェア「Virex(for Mac OS X)」ですが、現時点において公式なアナウンスはないものの、同アプリケーションは今後の開発の継続を行わず、そのままサービス提供が終了となるもようです。

洗練された「Safari」、役目を終えた「Internet Explorer(for Mac)」

洗練されたTigerとSafari

Appleによるデスクトップオペレーティングシステム「Mac OS X 10.4 Tiger」もGAリリースから1週間が経過し、様々な情報が錯綜しているようですが、私の環境では、これまでのところ目立った不具合は出ていない状態です。実装されている諸機能の中では、メタデータ検索
「Spotlight」、デスクアクセサリ「Dashboard」が注目を集めていますが、何より評価すべき点は各種のパフォーマンスではないでしょうか。

「Mac OS X 10.4 Tiger」ファーストインプレッション

インストール時の変更点、インストール後の安定度等

世界同時リリースとして4月29日18時に発売が開始(時差の関係で、日本が最も早いリリースとなっていました)された、Appleによるデスクトップオペレーティングシステム「Mac OS X 10.4 Tiger」。リリースから1週間近くが経過した現在までに、実際の使用に基づいた様々なレビュー等が各所から公開されているようですが、私自身もインストールを完了し、環境移行から新機能の試用等を行っています。